Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
1,000億レアルの負債を抱えてオデブレヒト社は企業再生法申請 2019/06/18

ペトロブラスをめぐるラヴァ・ジャット汚職事件の連邦警察による捜査が2014年3月に開始、ゼネコン最大手のOdebrecht社オデブレヒト社)が長年にわたって常習的に取引先企業との契約で水増し請求をさせ,捻出した裏金を政党や有力政治家に繰り返し渡していた事件の発覚で、同社をはじめブラジル国内の大手ゼネコンの多くは企業閉鎖を余儀なくされた。

昨日17日にオデブレヒト社は、985億レアルに達する負債総額を抱えて、債務者の生産、従業員の雇用および債権者の利益を維持すること等により、債務者が経済財政危機を乗り越えることをサポートするための手続である裁判所の企業再生を申請した。

ブラジル最大級のコングロマリットであるオデブレヒトグループは、2013年に建設業をはじめ石油・天然ガス関連事業、石油化学、公共輸送サービス、造船、水力発電、エタノールなどの分野に19万3,000人の従業員を擁していたが、今では4万8000人まで減少している。

オデブレヒトグループの負債総額985億レアルのうち510億レアルは債権者との再交渉、330億レアルはグループ内での負債、145億レアルは譲渡担保で大半はブラスケン株となっている。

オデブレヒトグループは傘下の21企業の企業再生法を申請、砂糖・アルコール生産のAtvos社は今年5月に企業再生法を申請、石油・天然ガス開発のOcyan社は、債務者は事前に債権者と交渉し、債権者の承認を得た上で、裁判所に対して再生計画の認証(homologação)を求める裁判外の企業再生法(recuperação extrajudicial)を申請している。

また造船部門のEnseada社は、受注残が皆無で港湾ターミナル建設を予定、輸送関連の OTP社は資産の大半を売却、 建設・不動産関連のOR社は企業名変更でイメージアップを図っている。

オデブレヒト社はサント・アントニオ水力発電所を持株の一部を中国企業への売却を交渉中、石油化学関連のブラスケン社売却でLyondellbasell社と交渉していたが、先月交渉は決裂していた。

オデブレヒトグループの大手債権銀行として社会経済開発銀行(BNDES)や連邦貯蓄金庫(CAIXA)、イタウー銀行、サンタンデール銀行、勤続期間保障基金ファンド(FI-FGTS)が債権交渉に応じるが、連邦貯蓄金庫は、年末までに国庫庁に200億レアルの負債返済を迫られているために交渉が難航している。

ルーラ政権並びにジウマ政権下のインフラ整備部門を中心としたメガプロジェクトの請負で2015年のオデブレヒトの売上は1,320億レアルに達した一方で、2008年~2015年の負債総額は180億レアルから1,100億レアルに拡大していた。

オデブレヒト社は1944年に建築技師のノルベルト・オブレヒト氏がバイア州サルバドール市に設立、1952年にバイア州とゴイアス州境に初めての水力発電所を建設、1953年にペトロブラス石油公社向けにバイア州で石油パイプラインを建設。

1969年に南東部地域に進出してペトロブラス本社を建設、1979年にはペルーやチリに進出、1991年に息子のエミリオ・オデブレヒトが社長に就任、創立50周年の1994年には21カ国で事業を展開、従業員総数は3万4,000人、2001年にはCopene社を買収して南米最大の石油化学会社が誕生、2002年にブラスケン社を設立。

2009年に孫のマルセロ・オデブレヒトが社長に就任、2013年の売上は1,000億レアルを突破、従業員数は19万3,000人、2014年にラヴァ・ジャット汚職事件発覚、2015年にマルセロ社長逮捕、2019年に企業再生を申請を余儀なくされている。2019618日付けエスタード紙)



2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/04 » 2021年のサンパウロ州のGDP伸び率は5.0%予想(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/02/03 » 2020年の鉱工業部門生産は、COVID-19パンデミックの影響でマイナス4.5%(2021年2月2日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトより抜粋)
2021/02/02 » 今年のGDP伸び率を3.50%に上方修正(2021年2月1日付けヴァロール紙)
2021/02/02 » 今年1月の企業経営者の景況感指数は過去9か月間で最低(2021年2月1日付けヴァロール紙)

バックナンバー »