Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
1,000億レアルの負債を抱えてオデブレヒト社は企業再生法申請 2019/06/18

ペトロブラスをめぐるラヴァ・ジャット汚職事件の連邦警察による捜査が2014年3月に開始、ゼネコン最大手のOdebrecht社オデブレヒト社)が長年にわたって常習的に取引先企業との契約で水増し請求をさせ,捻出した裏金を政党や有力政治家に繰り返し渡していた事件の発覚で、同社をはじめブラジル国内の大手ゼネコンの多くは企業閉鎖を余儀なくされた。

昨日17日にオデブレヒト社は、985億レアルに達する負債総額を抱えて、債務者の生産、従業員の雇用および債権者の利益を維持すること等により、債務者が経済財政危機を乗り越えることをサポートするための手続である裁判所の企業再生を申請した。

ブラジル最大級のコングロマリットであるオデブレヒトグループは、2013年に建設業をはじめ石油・天然ガス関連事業、石油化学、公共輸送サービス、造船、水力発電、エタノールなどの分野に19万3,000人の従業員を擁していたが、今では4万8000人まで減少している。

オデブレヒトグループの負債総額985億レアルのうち510億レアルは債権者との再交渉、330億レアルはグループ内での負債、145億レアルは譲渡担保で大半はブラスケン株となっている。

オデブレヒトグループは傘下の21企業の企業再生法を申請、砂糖・アルコール生産のAtvos社は今年5月に企業再生法を申請、石油・天然ガス開発のOcyan社は、債務者は事前に債権者と交渉し、債権者の承認を得た上で、裁判所に対して再生計画の認証(homologação)を求める裁判外の企業再生法(recuperação extrajudicial)を申請している。

また造船部門のEnseada社は、受注残が皆無で港湾ターミナル建設を予定、輸送関連の OTP社は資産の大半を売却、 建設・不動産関連のOR社は企業名変更でイメージアップを図っている。

オデブレヒト社はサント・アントニオ水力発電所を持株の一部を中国企業への売却を交渉中、石油化学関連のブラスケン社売却でLyondellbasell社と交渉していたが、先月交渉は決裂していた。

オデブレヒトグループの大手債権銀行として社会経済開発銀行(BNDES)や連邦貯蓄金庫(CAIXA)、イタウー銀行、サンタンデール銀行、勤続期間保障基金ファンド(FI-FGTS)が債権交渉に応じるが、連邦貯蓄金庫は、年末までに国庫庁に200億レアルの負債返済を迫られているために交渉が難航している。

ルーラ政権並びにジウマ政権下のインフラ整備部門を中心としたメガプロジェクトの請負で2015年のオデブレヒトの売上は1,320億レアルに達した一方で、2008年~2015年の負債総額は180億レアルから1,100億レアルに拡大していた。

オデブレヒト社は1944年に建築技師のノルベルト・オブレヒト氏がバイア州サルバドール市に設立、1952年にバイア州とゴイアス州境に初めての水力発電所を建設、1953年にペトロブラス石油公社向けにバイア州で石油パイプラインを建設。

1969年に南東部地域に進出してペトロブラス本社を建設、1979年にはペルーやチリに進出、1991年に息子のエミリオ・オデブレヒトが社長に就任、創立50周年の1994年には21カ国で事業を展開、従業員総数は3万4,000人、2001年にはCopene社を買収して南米最大の石油化学会社が誕生、2002年にブラスケン社を設立。

2009年に孫のマルセロ・オデブレヒトが社長に就任、2013年の売上は1,000億レアルを突破、従業員数は19万3,000人、2014年にラヴァ・ジャット汚職事件発覚、2015年にマルセロ社長逮捕、2019年に企業再生を申請を余儀なくされている。2019618日付けエスタード紙)



2019/08/20 » 政党リーダーの半数は新CPMF新設に反対
2019/08/20 » 経済リセッションは公社や大手小売チェーンから6万人以上の雇用削減
2019/08/19 » 富裕層は医療保健で56%の税控除を占めて恩恵を受けている
2019/08/19 » 第3四半期の製造業部門の経済指標は弱い
2019/08/15 » 州政府公務員給与で財政責任法を果たしていない州政府は半数以上
2019/08/13 » アルゼンチン予備選のキルチネリズム勝利で金融業界はパニック
2019/08/13 » 今年第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス0.13%
2019/08/09 » 連邦政府は個人所得税の税率見直し検討
2019/08/08 » 連邦政府は今年の財政赤字目標達成で130億レアルの公社の配当金要求
2019/08/07 » 下院本会議で第2回目の基本文書を賛成370票で承認
2019/08/06 » 連邦貯蓄金庫はFGTS預金引出スケジュール発表
2019/08/06 » プラナルト宮では新社会保障年金改革の国会審議は9月中を予定
2019/08/05 » FGTS預金引出でGDPを0.55%押上げ効果
2019/08/01 » 今年第2四半期の平均失業率は12.0%に減少
2019/07/31 » トランプ大統領はブラジルとのFTA協定締結を熱望
2019/07/26 » ボルソナロ大統領はマナウスフリーゾーン向け優遇税制支持を示唆
2019/07/26 » 今年6月の雇用4万8,400人は2013年以降で最高
2019/07/25 » 連邦政府は消費活性化策として500レアルまでのFGTS預金引出を発表
2019/07/25 » 今年6月の国庫庁の歳入総額は4.68%増加
2019/07/23 » ボロソナロ新政権の200日で公立銀行資産160億レアルを売却

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

電機・情報通信部会(髙田正純部会長)主催のICTセミナー(2019年8月15日)

Pdf「ゼロトラスト時代のアカウンタビリティ~サイバーリスクへの対策強化に向けて」NTTコミュニケーションズ株式会社経営企画部マネージドセキュリティサービス推進室の竹内文孝室長

Pdf「IT資産集約型からクラウド活用への現状とセキュリティ課題」パロアルトネットワークス株式会社の藤生昌也シニアビジネスデベロップメントコンサルタント

労働ワーキンググループ主催セミナー(2019年7月23日)

Pdf「転換するブラジルの社会福祉 -右派・保守、イデオロギー色の強いボルソナロ政権-」ジェトロ・アジア経済研究所の海外調査員(サンパウロ大学客員教授)の近田亮平氏

パラグアイセミナー(2019年6月7日)

Pdf「パラグアイの地理的ポテンシャル」在パラグアイ日本国大使館の石田直裕特命全権大使

Pdf「チャンスの国パラグアイ」REDEIEXのSebastian Bogaddo氏、

Pdf「パラグアイの進出方法」ジェトロ中小企業海外展開現地支援プラットフォームの石田ミゲル コーディネーター

Pdf第一回イノベーション研究会によるアンケート結果
 

Pdf「法人所得税の損金算入」セミナーPDF吉田幸司グループ長
 

Pdf労働ワーキンググループセミナー「労働組合と労使交渉」PDF資料

 

Pdf最新版 サンパウロ市役所民営化案件リスト(2019年1月)

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

Pdfブラジルのポテンシャル

(麻生元総理との意見交換会)

 

→ バックナンバー

Pdfブラジル概要資料