Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルは35自由貿易協定を擁するもブロクラシーが足枷 2019/06/10

連邦政府は35件に達する自由貿易協定でサインをしているにも拘らず、政治的なブロクラシーが足枷となって、自由貿易協定の発効に至っていない。

ブラジル企業はアルゼンチンやパラグアイ、ウルグアイで投資総額が800億ドルに達する公共入札に参加できるにも関わらず、ブラジル側のブロクラシーで発効に至っていない。

またブラジル人はチリ国内でのセルラー使用で、契約している通信事業者のサービスを、利用契約していないほかの通信事業者の設備を使って受けられるローミングが可能となっているにも拘らず、許可が遅れている。

パウロ・ゲーデス経済相は、今後3週間から4週間以内にヨーロッパ連合とメルコスールの自由貿易協定は締結できると見込んでいる。またカナダとの自由貿易協定も進んでいると楽観視している。

連邦政府は35自由貿易協定でサインをしているにも拘らず、行政のブロクラシーや国会や特別委員会での承認などに時間を費やしており、自由貿易協定が発効するまでに平均4年半を費やしていると全国工業連合会(CNI)は指摘している。

ブラジルとチリとの自由貿易協定は2018年11月にサインが交わされたが、行政部門でストップ、メルコスール域内の公共入札プロトコーロは2017年12月にサインされたが、国会で止まっている。

またアラブ首長国連邦との二重課税防止条約は2018年12月、シンガポールとは2018年7月、スイスとは2018年3月にサインされたが、未だに発効に至っていない。

コロンビアとの投資協定は2015年10月、アラブ首長国連邦とは2019年3月、マラウイ共和国とは2015年6月、モザンビークとは2015年3月、エチオピアとは2018年11月、スリナムとは2018年2月、ガイアナ共和国とは2018年12月にサインされているが、未だに行政や国会で止まっている。

公的年金制度への二重加入の解消を目的としたブラジルとスイス間との社会保障に関する協定は2011年10月にサイン、カナダのケベック州政府とは2014年3月にサインされたが、未だに発効されていない。

またペルーとの自由貿易協定拡大は2016年4月、米国とのテクノロジーに関するセーフガード協定は2019年3月、新BRICS開発銀行の合意は2018年7月にサインされたが、未だに発効されていない。

ブラジル貿易会(AEB)のジョゼ・アウグスト・デ・カストロ会長は、35自由貿易協定がブロクラシー問題で停滞しているが、協定発効してもブラジルの競争力が備わっていないので、それほどの輸出増加は期待できないとコメントしている。

2018年のブラジルの貿易収支は583億ドルの黒字を記録したが、今年は米中貿易摩擦やアルゼンチンの為替危機の影響で400億ドルの貿易黒字に留まると予想されている。(2019年6月9日付けエスタード紙)



2020/06/05 » パンデミック危機で民間企業従業員の雇用や所得減少で、今年のINSSの赤字は2,770億レアルを突破か(2020年6月4日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » 今年4月の鉱工業部門生産は過去18年間で最悪のマイナス18.8%を記録(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)
2020/05/29 » 4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/28 » パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)
2020/05/28 » 今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/27 » COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/20 » 512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/05/19 » 今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)
2020/05/19 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/15 » コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/05/12 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)

バックナンバー »