Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス0.2% 2019/05/30

ブラジル地理統計院(IBGE)は、今日30日に2019年第1四半期の正式なGDP伸び率を発表、前四半期比ではマイナス0.2%、前年同四半期では0.5%増加、過去12カ月間では0.9%増加を記録している。

今年第1四半期のGDP総額は1兆7,140億レアル、部門別GDP伸び率比較では、農畜産GDP伸び率は前四半期比マイナス0.5%、鉱工業部門マイナス0.7%、サービス部門0.2%増加、住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門のGDP伸び率はマイナス1.7%であった。

今年第1四半期の鉱工業部門のGDP伸び率がマイナス0.7%を記録した要因として、今年1月25日のヴァーレ社ミナス州ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故発生の影響による鉄鉱石生産の大幅な減少で、鉱業部門のGDP伸び率はマイナス6.3%と足を引っ張った。

前記同様に期待に反するジャイール・ボルソナロ新政権の年金改革の遅れによる投資家の景況感の停滞などの要因で、建設業部門のGDP伸び率はマイナス2.0%、製造業部門マイナス0.5%を記録、しかし電力・都市ガス・上下水道・清掃業部門のGDP伸び率は1.4%増加している。

また今年第1四半期のサービス部門のGDP伸び率0.2%増加はその他のサービス部門が0.4%増加、金融・保険仲介部門が0.4%増加、公共教育・保健管理部門は0.3%増加、情報通信部門は0.3%増加、不動産関連部門0.2%増加した一方で、輸送・倉庫・郵便部門はマイナス0.6%、商業部門はマイナス0.1%を記録している。

国内総固定資本形成(FBCF)部門のGDP伸び率はマイナス1.7%と大幅に落ち込んでいるにも関わらず、公共支出は0.4%増加、一般消費0.3%増加、財・サービス輸出はマイナス1.9%、財・サービス輸入は0.5%増加している。

今年第1四半期のGDP伸び率は前年同四半期比0.5%増加、そのうち農畜産部門はマイナス0.1%、鉱工業部門は鉱業部門がマイナス3.0%と牽引してマイナス1.1%を記録、建設部門もマイナス2.2%を記録している。

前記同様に製造業部門のGDP伸び率は、輸送機器部門並びに医薬品部門、機械・装置部門、食品部門生産停滞が牽引してマイナス1.7%を記録した一方で、電力・都市ガス・上下水道・清掃業部門のGDP伸び率は4.7%と大幅に増加している。(2019年5月30日のIGBEサイトから抜粋)



2019/07/15 » 公社民営化で4,500億レアル調達の胸算用
2019/07/15 » ボルソナロ大統領はメルコスールと日本、韓国、米国とのFTA協定推進
2019/07/12 » 新社会年金改革案は9,000億レアル以上の歳出削減を維持か
2019/07/11 » 第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決
2019/07/10 » 298下院議員は社会保障年金改革支持表明
2019/07/05 » 年金改革特別委員会での年金改革法案可決
2019/07/04 » 今年5月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.2%
2019/07/03 » 新社会保障改革案テキストでは10年間で1兆710億レアルの歳出削減
2019/07/03 » 農業大国フランスはメルコスールとのFTAに反対表明
2019/07/02 » EUとメルコスールFTA協定締結後の輸入急増時に臨時関税措置適用
2019/07/01 » 20年間を要して漸くEUとメルコスールはFTA締結
2019/06/28 » ゲーデス経済相は年金改革に続いて相次いで経済活性化政策を準備
2019/06/28 » 5月の正規雇用は過去3年間最低の3万2,100人に留まる
2019/06/26 » マイア下院議長は新社会保障改革採決で最高380票の胸算用
2019/06/24 » 税制改革は新社会保障改革後の下半期の国会承認か
2019/06/24 » 過去5年間の労働者の実質賃金は10セクター中5セクターで減少
2019/06/18 » 1,000億レアルの負債を抱えてオデブレヒト社は企業再生法申請
2019/06/17 » 今年4月のIBC-Br指数はマイナス0.47%
2019/06/14 » 今年4月のサービス部門のGDP伸び率は0.3%に留まる
2019/06/13 » 年金改革案による今後10年間の歳出削減は8,500億レアルに縮小か

バックナンバー »