Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年のブラジルの世界競争力ランキングは59位 2019/05/29

スイスのビジネススクール国際経営開発研究所(IMD)は、今月28日に2019年版の63ヵ国対象の「世界競争力ランキング」を発表、ブラジルは2018年の60位から59位と1ランクランクを上げている。

今年の「世界競争力ランキング」首位は、前年の3位からトップにランクアップしたシンガポール、前年同様に香港は2位、米国は前年トップから3位に後退している。

スイスは4位、アラブ首長国連邦は前年の7位から5位に上昇、オランダは前年の4位から6位に後退、アイルランドは12位から7位に上昇、デンマークは6位から8位に後退、スエーデンは前年同様に9位、10位には前年14位のカタールがトップテン入りしている。

アジアでは中国が前年の13位から14位、台湾が16位、マレーシアが22位、タイが25位、韓国が28位、日本の前年の25位から30位と大幅に競争ランキングを下げている。

国際競争力を判断する基準は大きく4つ分けられ経済のパフォーマンス、政府の効率性、ビジネスの効率性、インフラであり、ブラジルはラテンアメリカ地域で唯一アルゼンチンの61位を上回ったが、チリの42位、メキシコ50位、コロンビア52位、ペルーの56位を下回っている。

調査対象項目でブラジルの競争力が特に低いのは、公共金融のクレジットコストであり、僅かにギリシア並びにアルゼンチンのみがブラジルのクレジット金利を上回っていた。

またブラジルの競争力が特に低い項目として、国際貿易、制度的枠組み、租税対策、生産性・エフィシエンシー、教育、社会的枠組み、ビジネス法制となっている。(2019年5月29日付けヴァロール紙)



2019/10/17 » 3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大
2019/10/17 » 連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索
2019/10/17 » 6州政府の来年の州財政は赤字予算
2019/10/16 » 上院議会は石油・天然ガスメガ入札の地方政府への分配承認
2019/10/16 » プレソルト入札で今年の財政プライマリー収支赤字は900億レアルに減少
2019/10/15 » 今年8月のIBC-Br指数は前月比0.07%増加も第3四半期はプラスか
2019/10/14 » 高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている
2019/10/14 » 経済のデジタル化で課税問題発生
2019/10/11 » 米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨
2019/10/10 » プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける
2019/10/09 » 世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位
2019/10/08 » 行政改革断行で連邦公務員の特典削減
2019/10/07 » マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し
2019/10/04 » 連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始
2019/10/04 » 今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高
2019/10/04 » 連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認
2019/10/03 » 上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮
2019/10/02 » 第1回年金改革基本文書法案は上院で承認
2019/10/02 » 今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加
2019/10/01 » ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性

バックナンバー »