Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
連邦政府は優遇税制や保護政策の見直し財政赤字改善 2019/05/24

連邦政府は財政赤字軽減の一環として、優遇税制や保護政策的な要素が強く、ベネフィットに見合わない総額が689億レアルの歳入減に繋がっている8プログラムの見直しを実施する。

経済省補助金監視・見直し委員会(CMAS)では、2020年末までに嫌疑の掛かっている8プログラムを精査して補助金総額を1/3まで削減するが、優遇税制や保護政策による減税は、歳入総額の20.9%に相当するGDP比4.3%に達している。

しかし経済省では、優遇税制や保護政策を受けている省庁に肩入れしている国会議員の強力な圧力や反対に対する抵抗に耐えるのは容易なことではないが、財政赤字軽減には不可欠となっている。

2020年~2024年の多年度計画(PPA)は今年8月に国会で審議され、連邦政府の歳出削減を図るが、連邦会計検査院(TCU)は補助金見直しスケジュールを監視する。

見直しが予定されているプログラムの中でも今年のマナウスフリーゾーン向け減税・補助金総額は、252億レアルに達する最大の恩恵を受けているにも拘らず、恩恵に対する見返りが非常に小さい。

ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の調査によると、マナウスフリーゾーンの新規雇用一人当たりの補助金コストは25万レアルに相当する一方で、マナウスフリーゾーン域外の新規雇用の一人当たりコストは、5万6,000レアルに留まっていると指摘している。

マナウスフリーゾーンに次いで減税・補助金総額が大きいのは、一般家庭電力料金補助の201億レアル、教育関連非営利団体201億レアル、インフォメーション法(Lei da Informatica)58億レアル、学生ファイナンス基金(Fies)82億レアル、雇用・所得創出クレジット・ライン(Proger)40億レアルなどが対象となっている。(2019年5月24日付けエスタード紙)



2019/07/15 » 公社民営化で4,500億レアル調達の胸算用
2019/07/15 » ボルソナロ大統領はメルコスールと日本、韓国、米国とのFTA協定推進
2019/07/12 » 新社会年金改革案は9,000億レアル以上の歳出削減を維持か
2019/07/11 » 第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決
2019/07/10 » 298下院議員は社会保障年金改革支持表明
2019/07/05 » 年金改革特別委員会での年金改革法案可決
2019/07/04 » 今年5月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.2%
2019/07/03 » 新社会保障改革案テキストでは10年間で1兆710億レアルの歳出削減
2019/07/03 » 農業大国フランスはメルコスールとのFTAに反対表明
2019/07/02 » EUとメルコスールFTA協定締結後の輸入急増時に臨時関税措置適用
2019/07/01 » 20年間を要して漸くEUとメルコスールはFTA締結
2019/06/28 » ゲーデス経済相は年金改革に続いて相次いで経済活性化政策を準備
2019/06/28 » 5月の正規雇用は過去3年間最低の3万2,100人に留まる
2019/06/26 » マイア下院議長は新社会保障改革採決で最高380票の胸算用
2019/06/24 » 税制改革は新社会保障改革後の下半期の国会承認か
2019/06/24 » 過去5年間の労働者の実質賃金は10セクター中5セクターで減少
2019/06/18 » 1,000億レアルの負債を抱えてオデブレヒト社は企業再生法申請
2019/06/17 » 今年4月のIBC-Br指数はマイナス0.47%
2019/06/14 » 今年4月のサービス部門のGDP伸び率は0.3%に留まる
2019/06/13 » 年金改革案による今後10年間の歳出削減は8,500億レアルに縮小か

バックナンバー »