Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
格付会社Fitchはブラジルの格付けを「BB-」に据置 2019/05/22

主要格付け会社のムーディーズ社並びにS&P社、フィッチ社の一つであるフィッチ社はブラジルの国債格付け(ソブリン格付け)を「投資不適格級」や「ジャンク級」などと呼ばれる格付け「BB-」、見通しを「安定的」に据置いた。

ジャーナル・ボルソナロ新政権誕生はメディアから好意的に受け取られる新政権誕生後の100日間が過ぎたにも拘らず、一向にボルソナロ新政権の最初で最大の構造改革となる年金・恩給改革が頓挫状態で足踏みして、いつ国会を通過するのか見通しが立っていない。

また年内の年金改革やブラジルの持続的安定成長を保証する公共負債軽減に繋がる財政再建政策が進展しなければ、フィッチ社はブラジルの国債格付けの格下げの可能性も否定していない。

継続する経済成長率の下方修正、公的負債の増加、与党の幼稚な政治工作、さらに拡大するラヴァ・ジャット汚職問題による政治家逮捕などは、年金・恩給改革の国会通過の足枷になっているとフィッチ社は指摘している。

パウロ・ゲーデス経済相は、新社会保障案による10年間での1兆2,000億レアルの歳出削減による経済効果を謳っているにも拘らず、ジャイール・ボルソナロ大統領がすでに女性の年金受給年齢の引下げを示唆しており、また勤労不可能な高齢者および障害者に対する最低賃金額を支給する継続扶助(BPC)などの変更を余儀なくされるため、10年間の経済効果は6,400億レアルに留まると予想されている。

フィッチ社は、昨年のブラジルの名目財政プライマリ―収支赤字はGDP比8.0%と非常に高く、ソブリン格付けが「BB-」の国の平均名目債務残高はGDP比2.7%を大幅に上回っていると指摘している。

また昨年のブラジルの対内公的債務残高はGDP比77.2%とソブリン格付けが同じ「BB-」諸国の平均対内公的債務残高のGDP比45.0%を大幅に上回っており、今年のブラジルの対内公的債務残高はGDP比80.0%に達すると警告している。

格付け会社ムーディーズ社は、今年2月にブラジルの格付けを「Ba2」、見通しを「安定的」、S&P社では、最後の格付け見直しとして昨年4月に「BB-」、見通しを「安定的」としていた。(2019年5月22日付けヴァロール紙)



2019/07/23 » ボロソナロ新政権の200日で公立銀行資産160億レアルを売却
2019/07/23 » 今年初め5か月間の製造業部門の工場閉鎖は過去10年間で最悪
2019/07/18 » FGTS預金引出政策導入で今年のGDP伸び率は1.1%増加に上昇
2019/07/17 » 消費活性化で現役サラリーマンの勤続期間保障基金も預金引出検討
2019/07/17 » 社会経済開発銀行は年内に860億レアルを国庫庁に返済
2019/07/17 » 年金改革法案の国会承認予想で経済指数改善予想
2019/07/16 » 税制改革で付加価値税(IVA)が世界最高税率になる可能性も
2019/07/16 » 5月の経済活動指数(IBC-Br)は僅か前月比0.54%増加
2019/07/15 » 公社民営化で4,500億レアル調達の胸算用
2019/07/15 » ボルソナロ大統領はメルコスールと日本、韓国、米国とのFTA協定推進
2019/07/12 » 新社会年金改革案は9,000億レアル以上の歳出削減を維持か
2019/07/11 » 第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決
2019/07/10 » 298下院議員は社会保障年金改革支持表明
2019/07/05 » 年金改革特別委員会での年金改革法案可決
2019/07/04 » 今年5月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.2%
2019/07/03 » 新社会保障改革案テキストでは10年間で1兆710億レアルの歳出削減
2019/07/03 » 農業大国フランスはメルコスールとのFTAに反対表明
2019/07/02 » EUとメルコスールFTA協定締結後の輸入急増時に臨時関税措置適用
2019/07/01 » 20年間を要して漸くEUとメルコスールはFTA締結
2019/06/28 » ゲーデス経済相は年金改革に続いて相次いで経済活性化政策を準備

バックナンバー »