Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
過去18年間の健康保険プラン料金はインフレ指数の約2倍上昇 2019/05/08

ブラジル応用経済研究所(IPEA)の調査によると、過去18年間の健康保険プラン料金は382%増加した一方で、
インフレ指数である広範囲消費者物価指数(IPCA)は208%増加、医療保健セクターのインフレ指数は
180%増加となっている。

医療保険プランの値上げ上限の決定権を持っている厚生省管轄の国家民間補充医療保健サービス監督庁
(ANS)では、医療保険プランの値上げは、インフレ指数のIPCA指数よりも大きいと指摘している
ブラジル応用経済研究所(IPEA)の比較に異論を唱えている。

しかしブラジル国内の医療保険プラン料金は、曖昧な法人向け医療保険プラン規制の影響で、
2006年からインフレ指数を大幅に上回るカーブを描いて上昇しているとブラジル応用経済研究所(IPEA)
エコノミストのCarlos Ocke-Reis氏は指摘している。

また国家民間補充医療保健サービス監督庁(ANS)では、医療保険プラン料金調整は、
単純に広範囲消費者物価指数(IPCA)と比較するのは適切でないと指摘している。

医療保険プラン料金調整の要因として、医療保険プラン運営会社のオペレーションコスト、
最新型の医療機器への更新コストやサービス内容の向上なども吟味されなければならない。

2014年~2017年にかけて医療保険プランに従事する医者をはじめとした医療関係者増加がコスト上昇
の一因となっていると国家民間補充医療保健サービス監督庁(ANS)では説明している。

過去18年間の年間平均医療保険プラン料金は8.71%値上げされた一方で、インフレ指数は5.96%に留まっている。
医療保健部門サービスのインフレ指数は5.51%であった。

国家民間補充医療保健サービス監督庁(ANS)は、昨年12月に新たな医療保険プラン料金の計算式として、
広範囲消費者物価指数(IPCA)と連動する医療負担価格インデックス(IVDA)導入を発表、今年5月からの
適用が予定されている。

昨年医療保険プラン会社は料金値上げを試みたにも拘らず、ブラジル消費者保護院(Idec)が
連邦会計検査院(TCU)に基づくレポートを基に裁判所に訴えたために、値上げは差し止めされた
経緯があった。

ブラジル応用経済研究所(IPEA)では、医療保険プラン料金調整に対して、保健分野の広範囲消費者物価指数(IPCA)や米国のMedical care expenditures price index(医療費支出指数)と同等のシステム導入を奨励している。

健康保健協会(IESS)の調査によると、ブラジルの平均医療病院コスト(VCMH)はインフレ指数の
3.4倍と米国の3.7倍に接近しているが、カナダは4.7倍、ギリシャは6.3倍となっている。

年間の医療保険プラン関連支出総額は1,905億レアル、そのうち医薬品関連支出は127億レアルを占めたが、
不必要な医療検査や不正・詐欺行為は、支出総額の19.2%に相当する366億レアルに達している。

2005年~2018年の医薬品料金は86.99%値上がりした一方で、インフレ指数は118.84%も上昇、
インフレ指数よりも32%少ない調整に留まっていると医薬品工業協会(Interfarma)の
ペドロ・ベルナルド氏は指摘している。

2014年~2017年にかけてブラジルは経済リセッションや並び失業者増加の影響で、医療保険プラン
加入者は、5.8%減少に相当する4,720万人まで減少していると医薬品工業協会(Interfarma)は
指摘している。(2019年5月8日付けヴァロール紙)



2020/06/05 » パンデミック危機で民間企業従業員の雇用や所得減少で、今年のINSSの赤字は2,770億レアルを突破か(2020年6月4日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » 今年4月の鉱工業部門生産は過去18年間で最悪のマイナス18.8%を記録(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)
2020/05/29 » 4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/28 » パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)
2020/05/28 » 今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/27 » COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/20 » 512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/05/19 » 今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)
2020/05/19 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/15 » コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/05/12 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)

バックナンバー »