Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
昨年の連邦公社の純益は前年比132%増加 2019/04/29

2018年の主要連邦公社の純益総額は、ポートフォーリオ関連事業の売却やコスト削減などの要因で前年比132%増加の743億レアルを記録、過去8年間では最高の純益を記録している。

パウロ・ゲーデス経済相率いる経済省では、多くの傘下公社を含むブラジル中央電力公社(Eletrobras)の民営化モデルや連邦公社の新規株式公開(IPO)を検討している。

現在の連邦政府は135公社を擁しており、そのうち117公社はペトロブラス石油公社やブラジル中央電力公社(Eletrobras)の生産部門、またブラジル銀行や連邦貯蓄金庫、社会経済開発銀行などの18金融公社を抱えている。

パウロ・ゲーデス経済相は、2019年の公社民営化やミッシェル・テーメル大統領が2016年9月にインフラ事業の更なる民営化を目的とした投資パートナーシッププログラム(PPI-Programa de Parcerias de Investimentos)によるコンセッション入札などで総額200億ドル(753億レアル相当)を見込んでいる。

 また連邦政府はエスピリット・サント州ドック会社(Codesa)の民営化の検討、ボルソナロ大統領は、既に郵便公社(Correios)の民営化にゴーサインを出している。

ペトロブラスは、傘下のTransportadora Associada de Gas(TAG)の株式の90%をフランス資本Engie社並びにカナダの年金ファンドCaisse de Depot e Placement du Quebec(CDPQ)で構成されるコンソーシアムに400億レアルで売却した。

2016年の連邦公社の国庫庁向け配当金総額は前年比37%増加の28億4,700万レアル、2017年は37%増加の55億1,500万レアル、2018年は39%増加の76億7,600万レアル、今年は74億8,900万レアルが見込まれている。

また2015年の主要連邦公社の純益総額は前年比235億レアル減少したが、2016年は97億レアル、2017年は319億レアル、2018年は743億レアルと大幅に改善してきている。

昨年のペトロブラス石油公社の純益は266億9,800万レアル、ブラジル中央電力公社(Eletrobras)は133億4,800万レアル、郵便公社(Correios)は1,610万レアル、ブラジル銀行は150億8,600万レアル、社会経済開発銀行(BNDES)は67億1,100万レアル、連邦貯蓄金庫(Caixa)は103億5,500万レアルの黒字を計上している。(2019年4月29日付けヴァロール紙)



2019/12/10 » 財源豊かな州の都市が手厚い地方交付金受給
2019/12/09 » 州知事はメガ入札の州政府向け割当金の前払い要求
2019/12/04 » 今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.6%増加
2019/12/03 » トランプ大統領は鉄鋼・アルミ製品輸出で再課税恫喝か
2019/12/02 » 今年10月の財政プライマリー収支は94億レアルの黒字計上
2019/12/02 » 非正規雇用は労働人口の41.2%を占める
2019/11/28 » ブラジルコストはGDP比22%に相当
2019/11/27 » ゲデス経済相のAI5発言でドルが4.24レアルに高騰
2019/11/27 » インダストリー4.0促進プログラム採用が大幅遅延
2019/11/26 » 今年10月の経常収支赤字は2014年以降で最悪
2019/11/25 » 防衛省並びに教育省へ厚めの予算配分
2019/11/25 » デジタルテクノロジー部門の人材不足が顕著
2019/11/25 » 今年10月の設備稼働率は過去5年間で最高
2019/11/21 » 今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ
2019/11/21 » 今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル
2019/11/19 » 税制改革立案で上下院合同委員会設置
2019/11/19 » 今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット
2019/11/19 » 今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想
2019/11/18 » 4段階での税制改革案を国会に提出か
2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む

バックナンバー »