Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
STFがZFMへの助成を拡大 2019/04/26

財政に対して5年で少なくとも497億レアルの打撃を与えるとPGFNが推算する判断をSTFが下した。

連邦最高裁判所(STF)は、マナウス・フリーゾーン(ZFM)で工業製品税(IPI)が非課税となっている中間投入財を調達したZFM域外の企業が、IPIの税額を支払ったものとして税クレジット(税額還付)に加算して会計処理できるとする判決を、賛成6票に対して反対4票で下し、連邦政府の訴えを退けた。今回の判決を受けて国庫検察庁(PGFN)は、5年で少なくとも497億レアルの財政的影響を与えると推算している。

税額還付に賛成する判断を下した判事は、エジソン・ファキン判事とルイス・ロベルト・バローゾ判事、ローザ・ウェーバー判事、リカルド・レワンドウスキ判事、セルソ・デ・メーロ判事、ジアス・トフォリ長官。企業が税金を支払ったとみなし還付を受ける権利があるという申し立てに反対した判事は、カルメン・ルシア判事とマルコ・アウレリオ判事、アレシャンドレ・デ・モラエス判事、ルイス・フックス判事。ジルマール・メンデス判事は、公判を欠席して判断を示さなかった。

STF公判の終了を宣言する際、ジアス・トフォリ長官は、「技術面及び基本的見解での相違にもかかわらず、いずれの票も、マナウス・フリーゾーンを支持し、熱帯雨林の保全という国家プロジェクトという観点からブラジルと人類に対するマナウス・フリーゾーンの重要性をまさに認識した上での判断であることを、ここに書きとどめるものである」とコメントした。

これが地域の経済的魅力になるという理解のもと、企業とアマゾナス州は今回の税額控除を支持する立場を表明していた。アマゾナス州のカルロス・アルベルト・デ・モラエス州検事総長は、「マナウス・フリーゾーン(ZFM)でコンポーネントを製造していた企業は、国内のその他の地域と比較して優位性を失っており、多くの企業がここから撤退する理由になっていた」とコメントした。

トフォリ長官は、「ここで我々は、協力し合う連邦主義というものを念頭に置くべきだ」と指摘した。

 

公会計だけにとどまらない影響

今回の判決に対してPGFNは、公会計に与える影響だけにとどまらない問題を懸念している。国庫の法務関係者は、税額控除の慣行が中長期的に、この地域の製造品目の豊富さが失われると受け止めている。税制優遇策の適用を受けて、大企業がZFMから製造拠点を移してこの地域では製造の一部、中間投入財だけを残す傾向にあるためだ。

この問題は、ルイス・フックス判事が指摘した。すなわち、税額控除が可能だとすることで長期的にはZFMに付加価値の低い中間投入財の生産が集中するのではないか、ということだ。フックス判事は、「実用面と経済面から見ると、この戦略は、ZFMの経済を援助するどころか害を及ぼすものになるだろう。私は、この優遇措置がZFMに拠点を置きそこで製造する企業に対するものであって、域外に拠点を置く法人に対して恩典を与えるというものではないと理解している」と強調した。

上院の法務顧問はエスタード紙に対し、「(税額控除の)承認により、現在は工業地帯であるZFMが、工業製品よりも税額控除を製造する地域に変貌するだろう」とコメントした。(2019年4月26日付けエスタード紙)



2020/08/11 » ブラジリア市とサン・ジョアキン市の国立公園運営権を民営化(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/08/07 » 今年第2四半期の失業率は13.3%を記録(2020年8月6日付けエスタード紙)
2020/08/06 » 個人所得税の控除額3,000レアルに引き上げは220億レアルの歳入減少に結びつく(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/08/05 » 6月の鉱工業部門生産は8.9%増加(2020年8月4日付けエスタード紙)
2020/08/04 » COVID-19パンデミックで貧困層D/Eクラスが380万家族増加予想(220年8月3日付けヴァロール紙)
2020/08/03 » 今年のブラジル人の生活水準は2008年並みに戻ると予想(2020年8月3日付けエスタード紙)
2020/08/03 » 健康保険プランは需要縮小でプラン再契約価格低下(2020年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » 今年上半期の連邦政府の財政収支は過去24年間で最高の4,170億レアルの赤字計上(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/29 » 今年6月の経常収支は22億ドルの黒字計上(2020年7月28日付けヴァロール紙)
2020/07/28 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.77%(2020年7月27日付けエスタード紙)
2020/07/24 » サービス部門は、税制改革の12%のPIS/Cofins統一税に不服で改革阻止を示唆(2020年7月23日付けエスタード紙)
2020/07/24 » 今年6月の国庫庁の歳入総額は862億レアルに留まり、6月としては2004年以降で最低の歳入を記録(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/24 » 今年6月の失業率は12.4%に上昇(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/23 » 今年6月の地方政府の歳入は前年同月比82億レアル増加(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/23 » 今年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は8,000億レアルに接近か(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/22 » 税制改革は税制システムの透明性と社会格差の是正に結びつくとスペシャリストは指摘(2020年7月21日付けエスタード紙)
2020/07/20 » 今年第3四半期の失業者は1,500万人突破か(2020年7月18日付けエスタード紙)
2020/07/17 » COVID-19パンデミックで94万8,800社が従業員削減を余儀なくされた(2020年7月16日付けヴァロール紙)
2020/07/16 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.7%の据え置き(2020年7月15日付けエスタード紙)
2020/07/16 » 連邦政府は地方政府のデフォルトを避けるために今年上半期に55億1,000万レアルを肩代わり(2020年7月15日付けエスタード紙)

バックナンバー »