Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
経済加速プログラムとして4パッケージを準備 2019/04/03

今年1月1日のジャイール・ボルソナロ大統領就任や新社会保障改革の実施などの要因で、今年のGDP伸び率は2.5%を上回ると非常に明るい予想であったにも拘らず、昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、今年のGDP伸び率は、前回予想の2.00%を更に下回る1.98%に下方修正されている。

また今年のGDP伸び率は今後も更なる下方修正が予想されており、新社会保障改革の国会での承認と並行して経済活性化プログラムの早期導入が不可欠となっている。

今年の国内総生産伸び率を引き上げるために、特に製造業部門の脱ブロクラシー化、生産性向上・規制緩和、雇用拡大、全バリューチェーンをプラットフォームで繋ぎ、設計から製造までをシームレスで行う製造業部門のデジタル化を目指したプログラムを経済省では発表を予定している。

経済省では、今後90日後並びに180日後、360日後の予定で4パーケージの発表を行うが、今月中にSimplifica(脱ブロクラシー化) 並びにEmprego  Mais(雇用拡大)、 Brasil4.0 (デジタル化)、Pro-mercados(生産性向上・規制緩和)の詳細を発表する。

Simplifica(脱ブロクラシー化)プログラムでは、ブラジル政府管轄のSPEDシステムの一部であらゆる事業活動を管理する目的で設計された統合システムのe-Socialの見直し、マナウスフリーゾーン向け基礎生産プロセス(PPBs)の採用、生産及び在庫管理デジタル化システムのBloco Kの調整、港湾業務迅速化プログラムのPortal Unicoの建設業界向け制度導入などが検討されている。

またmprego  Mais(雇用拡大)プログラムでは、Facebookを利用して位置情報を使った雇用サービスを提供するアプリケーションソフトウェア「Tinder」のようなプログラム開発による新国家雇用システム(Sine)の開発、従業員の技術力やノウハウ向上向けクーポン制度の導入などが検討されている。

Pro-mercados(生産性向上・規制緩和)プログラムでは、上下水道部門並びに石油・天然ガス、医薬品、健康保険プラン、銀行並びに通信業界向け規制緩和が検討されている。

Brasil4.0 (デジタル化)プログラムでは、経済協力開発機構(OECD)が推奨する30万社対象のデジタル化並びにコンピュータ化によるイノベーションプログラムの導入を検討している。(2019年4月3日付けエスタード紙)



2019/05/27 » 今年4月の正規雇用は12万9,000人で2013年以降では最高
2019/05/24 » 米国は公式にブラジルのOECD加盟を支持
2019/05/24 » 今年4月の歳入総額は微増の1,390億レアル
2019/05/24 » 連邦政府は優遇税制や保護政策の見直し財政赤字改善
2019/05/22 » 格付会社Fitchはブラジルの格付けを「BB-」に据置
2019/05/22 » プラットフォーム企業は将来のユニコーン企業発掘に賭ける
2019/05/21 » 昨年のブラジル人の一人当たりのGDPは米国の僅か1/4まで縮小
2019/05/21 » 今年のGDP伸び率は12週連続下方修正の1.24%まで下落
2019/05/20 » 経済リセッション開始5年後の全ての産業は回復途上
2019/05/16 » 今年第1四半期の平均失業率は12.7%と前4半期比1.1%上昇
2019/05/16 » 今年第1四半期のIBC-Brはマイナス0.68%
2019/05/14 » 一般消費者並びに企業経営者の景況感が依然として停滞
2019/05/13 » 各州知事は投資誘致で中国詣
2019/05/10 » 2011年~2018年のブラジルの経済成長率を上回る国は174ヵ国
2019/05/09 » 公社民営化の大半は2021年にずれ込みか
2019/05/08 » 過去18年間の健康保険プラン料金はインフレ指数の約2倍上昇
2019/05/07 » ブラジルは投資対象国の圏外
2019/05/07 » 今年のGDP伸び率は10週連続で下方修正
2019/05/06 » 今年第1四半期の製造業部門のGDP伸び率はマイナス2.2%予想
2019/05/03 » 新社会保障案による経済効果は4,000億レアル~9,900億レアル予想

バックナンバー »