Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年のGDP伸び率は相次ぐ下方修正で2.0%を下回る 2019/04/02

中銀の今年1月初めのフォーカスレポートによると、1月1日のジャイール・ボルソナロ大統領就任や新社会保障改革の実施などの要因で、今年のGDP伸び率は2.5%を上回ると非常に明るい予想であった。

しかしジャイール・ボルソナロ大統領とロドリド・マイア下院議長の意思疎通などの要因で、新社会保障改革の段取りが大幅に遅れて不穏な空気で金融市場では景気回復の遅れが指摘されている。

昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、今年のGDP伸び率は前回予想の2.00%を更に下回る1.98%に下方修正され、今年のGDP伸び率は今後も更なる下方修正が予想されている。

元中銀総裁のアフォンソ・セルソ・パストーレ氏は、昨年の最終四半期のGDP伸び率が予想を下回り、今年第1四半期も低調に推移、今年のGDP伸び率は1.5%前後に留まると予想している。

またパストーレ氏は、年内の新社会保障改革の国会での承認は、2020年のGDP伸び率を引き上げる効果に繋がるが、今年のGDP伸び率には影響がないと悲観的な見方をしている。

昨日発表のゼツリオ・ヴァルガス財団(FGV)の企業経営者対象の調査によると、3月の企業経営者の景況感指数は2.7ポイント減少して2018年10月以降では最低を記録、製造業部門並びにサービス業部門、一般消費者の景況感がそれぞれ悪化している。

UBS銀行では、今年上半期の新社会保障改革の国会承認で年初に今年のGDP伸び率を3.0%と予想していたにも拘らず、与党の国会運営の不備で2回の下方修正で2.4%まで下げている。

サンタンデール銀行は、年初に今年のGDP伸び率を3.0%と予想していたが、アルゼンチンの為替危機継続による輸出減少、インパクトは少ないがヴァーレ社ブルマジーニョ鉱山のフェイジョン1鉱滓用ダムの決壊事故発生、企業経営者の景況感が悪化しており、今年のGDP伸び率を2.3%に下方修正している。(2019年4月2日付けエスタード紙)

 



2019/10/16 » 上院議会は石油・天然ガスメガ入札の地方政府への分配承認
2019/10/16 » プレソルト入札で今年の財政プライマリー収支赤字は900億レアルに減少
2019/10/15 » 今年8月のIBC-Br指数は前月比0.07%増加も第3四半期はプラスか
2019/10/14 » 高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている
2019/10/14 » 経済のデジタル化で課税問題発生
2019/10/11 » 米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨
2019/10/10 » プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける
2019/10/09 » 世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位
2019/10/08 » 行政改革断行で連邦公務員の特典削減
2019/10/07 » マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し
2019/10/04 » 連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始
2019/10/04 » 今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高
2019/10/04 » 連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認
2019/10/03 » 上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮
2019/10/02 » 第1回年金改革基本文書法案は上院で承認
2019/10/02 » 今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加
2019/10/01 » ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性
2019/10/01 » 今年8月のブラジルの負債総額はGDP比80%に接近
2019/09/30 » 税制改革案として1.5倍までの最低サラリー従業員向け雇用で免税か
2019/09/27 » 社会保障院はタスクフォースで43億7,000万レアルの不正摘発

バックナンバー »