Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年は3年連続で国内の消費拡大予想 2019/03/27

国内総生産(GDP)の60%を占める今年の一般家庭の消費は、緩やかな国内経済の回復並びに非正規雇用の増加に伴って前年並みの増加が見込まれている。昨年の一般家庭の消費は、前年比1.9%増加であった。

中銀の最終フォーカスレポートによると、今年の一般家庭の消費は前年比2.0%増加を予想、しかし新社会保障改革の国会通過如何で、一般消費の流れが大きく左右される可能性がある。

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)のルアナ・ミランダ調査員は、2017年並びに2018年の景気回復は内需が牽引、今年の内需伸び率は2.6%増加を予想している。

今年の内需伸び率は、正規雇用改善の遅れで実質賃金伸び率は僅かにも関わらず、クレジット環境改善並びに延滞率減少で、内需拡大要因に結び付いて前年比2.0%増加をAC Pastore社エコノミストのマルセロ・ガジャード氏は予想している。

テンデンシアス社エコノミストのチアゴ・シャヴィエール氏は、今年末の正規・非正規雇用は前年比1.6%増加の150万人と予想しているが、インフレ指数を差引いた実質賃金伸び率は僅か1.0%に留まると予想している。

Pezco社エコノミストのエルシオ・タケダ氏は、今年の平均失業率は緩やかな景気回復に伴って11.6%と昨年の12.2%から0.6%減少に留まると予想している。AC Pastore社では今年の投資伸び率は、6.0%と昨年の5.0%をわずかに上回ると予想している。(2019年3月27日付けヴァロール紙)



2020/11/26 » 今年の対内直接投資はCOVID-19パンデミックの影響で昨年の半分以下か(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/26 » 10月の国債発行額は過去最高(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 10月の歳入総額は2016年以降で同月最高を記録(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/11/04 » ホームオフィス労働形態は地方都市への住居移転を促す(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/11/03 » 今年6月~8月の平均失業率は14.4%に達してワースト記録更新(2020年10月30日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/03 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.81%に据置(2020年11月3日付けヴァロール紙)

バックナンバー »