Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
サンパオロ州政府はケロシン向けICMS税25%を12%にカット 2019/02/06

昨日5日にサンパウロ州政府のジョアン・ドリア州知事は、サンパウロ州のジェット燃料ケロシン向けの州税である商品流通サービス税(ICMS)25%を半分以下の12.0%への減税を発表した。

また今後180日以内に1週間当たり新路線向けには70便増便、ブラジル国内には新たに490便の増便、1週間当たり70便増便のうちサンパウロ州内の空港向け便は6便が振り分けられ、サンパウロ州内のリージョナル空港の活性化が期待されている。

ドリア州知事はブラジル国内向け増便でサンパウロ州の観光事業の起爆剤にすると発表、ケロシンのコストは航空機運営のオペレーションコストの40%に相当するために、減税は大幅な航空運賃の値下げに繋がり、航空業界活性化に繋がると期待されている。

ケロシン向けの商品流通サービス税(ICMS)25%から12%の減税で、今年のサンパウロ州政府の歳入は、当初予想の6億2,700万レアルから4億2,200万レアルに減少する一方で、燃料メーカー、航空会社並びに空港関係の直接雇用及び間接雇用増加で3億1,600万レアル増加の効果があり、減税分を大幅にカバーできると予想されている。

1週間当たりの490増便の内訳は、ブラジル国内21州の38空港向けの増便であり、今後18カ月間に5万9,000人の新規雇用で14億レアルの経済効果が発生するとサンパウロ主政府観光局のヴィニシウス・ルメルツ局長は皮算用している。

またドリア州知事は、2020年末までにサンパウロ州内の20カ所の全ての空港をインフラ事業の更なる民営化を目的とした投資パートナーシッププログラム(PPI-Programa de Parcerias de Investimentos)によるコンセッション入札で民営化すると発表した。(2019年2月6日付けエスタード紙/Farol紙より抜粋)



2019/07/18 » FGTS預金引出政策導入で今年のGDP伸び率は1.1%増加に上昇
2019/07/17 » 消費活性化で現役サラリーマンの勤続期間保障基金も預金引出検討
2019/07/17 » 社会経済開発銀行は年内に860億レアルを国庫庁に返済
2019/07/17 » 年金改革法案の国会承認予想で経済指数改善予想
2019/07/16 » 税制改革で付加価値税(IVA)が世界最高税率になる可能性も
2019/07/16 » 5月の経済活動指数(IBC-Br)は僅か前月比0.54%増加
2019/07/15 » 公社民営化で4,500億レアル調達の胸算用
2019/07/15 » ボルソナロ大統領はメルコスールと日本、韓国、米国とのFTA協定推進
2019/07/12 » 新社会年金改革案は9,000億レアル以上の歳出削減を維持か
2019/07/11 » 第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決
2019/07/10 » 298下院議員は社会保障年金改革支持表明
2019/07/05 » 年金改革特別委員会での年金改革法案可決
2019/07/04 » 今年5月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.2%
2019/07/03 » 新社会保障改革案テキストでは10年間で1兆710億レアルの歳出削減
2019/07/03 » 農業大国フランスはメルコスールとのFTAに反対表明
2019/07/02 » EUとメルコスールFTA協定締結後の輸入急増時に臨時関税措置適用
2019/07/01 » 20年間を要して漸くEUとメルコスールはFTA締結
2019/06/28 » ゲーデス経済相は年金改革に続いて相次いで経済活性化政策を準備
2019/06/28 » 5月の正規雇用は過去3年間最低の3万2,100人に留まる
2019/06/26 » マイア下院議長は新社会保障改革採決で最高380票の胸算用

バックナンバー »