Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2019年のGDP伸び率は2.3%か 2019/01/23

ジャイール・ボルソナロ新政権による年金・恩給改革を筆頭とした構造改革の実施などの新政権への期待など過去数年間の停滞ムードを払拭する新政権のスタートを切っている。

ゼツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre-FGV)マクロ経済レポートによると、ブラジル国民の新政権への期待や継続する低金利やコントロールされているインフレ指数、パウロ・ゲーデス財務相の手腕に期待して、マクロ経済は上昇ムードの雰囲気を漂わせている。

ゼツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre-FGV)は、2018年のGDP伸び率は1.3%増加を予想、今年は2.3%増加を予想、内訳として農畜産部門のGDP伸び率は前記同様に0.8%、4.3%増加をそれぞれ予想している。

また前記同様に鉱工業部門0.5%増加、1.8%増加、サービス業部門は1.4%増加、2.2%増加、一般家庭の消費は1.4%増加、2.2%増加、公共支出は0.3%増加、0.1%増加、公共投資は4.3%増加、4.7%増加、輸出は5.2%増加、2.6%増加、輸入は10.3%増加、9.5%増加をそれぞれ予想している。

今年の政策誘導金利(Selic)は今年12月まで6.5%で推移すると予想、インフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA-15)は4.0%に留まると予想、昨年11月から12月の一般消費者の景況感指数(ICC)は93.8ポイント、製造業部門経営者の景況感指数(ICE )は93.8ポイントと2014年~2016年の経済リセッション以前の水準に達している。(2019年1月23日付けヴァロール紙)



2020/11/26 » 今年の対内直接投資はCOVID-19パンデミックの影響で昨年の半分以下か(2020年11月25日付けエスタード紙)
2020/11/26 » 10月の国債発行額は過去最高(2020年11月25日付けヴァロール紙)
2020/11/25 » 10月の歳入総額は2016年以降で同月最高を記録(2020年11月24日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/11/04 » ホームオフィス労働形態は地方都市への住居移転を促す(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/11/03 » 今年6月~8月の平均失業率は14.4%に達してワースト記録更新(2020年10月30日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/03 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.81%に据置(2020年11月3日付けヴァロール紙)

バックナンバー »