Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加 2019/01/10

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2018年11 月の製造業部門生産は前月比僅か0.1%増加、5月末から11日間継続したトラック運転手の国道封鎖抗議デモによる物流問題発生の後遺症やアルゼンチンの為替危機、不透明な大統領選挙の影響が相乗効果となって、過去4か月間連続のマイナスからプラスに転じている。

昨年7月~10月の4か月間の製造業部門生産は累計マイナス2.8%を記録、昨年11月の製造業部門生産は前年同月比マイナス0.9%、今年初め11カ月間の製造業部門生産は1.5%増加、過去12カ月間では1.8%増加している。

昨年11 月の26セクターの製造業部門生産調査では、僅か10セクターが増加を記録、特に食品セクターは、過去4か月間のマイナス10.3%から一転して5.9%と大幅に増加している。

前記同様に医薬品セクターも7.1%と大幅増加、燃料・潤滑油セクターは0.5%増加、一方自動車・トラック・バスセクターは10月の2.8%増加からマイナス4.2%に転じている。

また機械・装置セクターもマイナス3.2%、鉱業セクターはマイナス0.6%、非鉄金属セクターはマイナス1.3%、電気材料セクターはマイナス1.8%、音響セクターはマイナス7.9%を記録している。

昨年11月の中間財セクター生産は前月比0.7%増加、前年同月比マイナス1.4%、今年11カ月間では0.6%増加、前記同様に資本財セクターは3.5%増加、マイナス2.7%、8.2%増加している。

また消費財はマイナス1.4%、マイナス0.4%、1.9%増加、そのうち耐久消費財セクターはマイナス3.4%、マイナス3.4%、9.5%増加、非耐久消費財セクターはマイナス0.3%、0.0%、0.0%を記録している。(2019年1月10日のIBGEサイトから抜粋)



2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当

バックナンバー »