Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年11月の正規雇用は5万8,700人 2018/12/21

就労・失業者管理センター(Caged)の発表によると、2018年11月の労働手帳に記載される正規雇用は5万8,664人を記録、11月の月間正規雇用としては2010年以降で最高記録となっている。

ブロードキャストプロジェクションによる調査では、今年11月の正規雇用は2万5,600人の予想であったにも関わらず、実際の正規雇用は予想の2倍以上の5万8,664人を記録、今年は1月から11カ月連続で正規雇用増加を記録している。

11月の部門別正規雇用では、ボルソナロ新政権への期待や一般消費者の景況感改善に伴って年末商戦向けの商業部門の正規雇用が8万8,587人を記録、サービス部門も3万4,319人の正規雇用を創出している。

一方11月の製造業部門の正規雇用は、年末商戦向けの生産ピークが8月~9月に留まったためにマイナス2万4,287人を記録、建設業部門は11月の降雨の影響を受けてマイナス1万3,854人、農畜産部門は、農産物生産の端境期の影響でマイナス2万3,692人を記録していた。

労働・雇用省では、今年の正規雇用を50万人以上と見込んでいるが、11月の過去12カ月間の正規雇用は51万7,733人、また例年12月の正規雇用は、商業部門の臨時雇用の解雇増加の影響で減少傾向を示している。

GDP伸び率が2.3%を記録した2013年11月の正規雇用は4万7,500人であったが、経済リセッション突入直前の2014年11月の正規雇用は8,400人、経済リセッション真っただ中の2015年11月はマイナス13万人、2016年11月もマイナス11万6,700人、2017年11月はマイナス1万2,300人まで減少していた。

2017年11月11日から施行された新労働法で許可されている断続的労働契約による今年11月の正規雇用は8,000人増加、パートタイム労働契約による正規雇用は1,734人を記録している。(2018年12月21日付けエスタード紙)

 



2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当

バックナンバー »