Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能 2018/12/06

地方政府公務員(州・市)の財政責任法(LRF)では、職員給与の支出総額は歳入総額の60%までに制限されているが、昨日の下院議会では、賛成多数で市役所職員に対する歳出限度を撤廃した。

昨日の下院議会での財政責任法(LRF)の変更採決は賛成票が300票、反対票は46票、棄権は5票で、圧倒的多数で財政責任法(LRF)改正が承認、上院議会では既に承認されており、テーメル大統領のサイン待ちとなっている。

昨日の財政責任法(LRF)改正採択では、ジャイール・ボウソナロ次期大統領の社会自由党(PSL)並びにミッシェル・テーメル現政権のブラジル民主運動党(MDB)は、各下院議員の自由採決となっていた。

昨日の市役所の財政責任法(LRF)改正承認で、10%以上の歳入減少が発生した市町村では、職員給与の支出総額は歳入総額の60%までの制限枠を外されるが、市町村向け交付金分配ファンド(FPM)の減少並びにロイヤリティ収入や特別分配金削減の可能性がある。

人口が2万人以下の市町村で自前の歳入で、市役所職員の給与をカバーできるのは僅か9.7%で、90%以上は連邦政府や州政府の地方交付金で賄っており、多くの地町村で市役所職員給与の0.5%も満たせない。

地方統一選挙が行われて今後4年間の市政を担う市長選挙が2016年10月に実施されたが、ブラジル全国5,500都市のうち2,000都市以上が財政責任法(LRF)を果たしていないとリオ工業連盟(Firjan)の調査で判明している。

またブラジル全国の市町村の12.7%に相当する575都市では、財政責任法(LRF)の支出総額の60%までに制限されている市役所職員の給与総額が限度の60%を超えていたとリオ工業連盟の調査で判明していた。(2018年12月6日付けエスタード紙)



2019/07/18 » FGTS預金引出政策導入で今年のGDP伸び率は1.1%増加に上昇
2019/07/17 » 消費活性化で現役サラリーマンの勤続期間保障基金も預金引出検討
2019/07/17 » 社会経済開発銀行は年内に860億レアルを国庫庁に返済
2019/07/17 » 年金改革法案の国会承認予想で経済指数改善予想
2019/07/16 » 税制改革で付加価値税(IVA)が世界最高税率になる可能性も
2019/07/16 » 5月の経済活動指数(IBC-Br)は僅か前月比0.54%増加
2019/07/15 » 公社民営化で4,500億レアル調達の胸算用
2019/07/15 » ボルソナロ大統領はメルコスールと日本、韓国、米国とのFTA協定推進
2019/07/12 » 新社会年金改革案は9,000億レアル以上の歳出削減を維持か
2019/07/11 » 第一回年金改革案は最低可決票を71票上回る379票の余裕綽々で可決
2019/07/10 » 298下院議員は社会保障年金改革支持表明
2019/07/05 » 年金改革特別委員会での年金改革法案可決
2019/07/04 » 今年5月の鉱工業部門生産は前月比マイナス0.2%
2019/07/03 » 新社会保障改革案テキストでは10年間で1兆710億レアルの歳出削減
2019/07/03 » 農業大国フランスはメルコスールとのFTAに反対表明
2019/07/02 » EUとメルコスールFTA協定締結後の輸入急増時に臨時関税措置適用
2019/07/01 » 20年間を要して漸くEUとメルコスールはFTA締結
2019/06/28 » ゲーデス経済相は年金改革に続いて相次いで経済活性化政策を準備
2019/06/28 » 5月の正規雇用は過去3年間最低の3万2,100人に留まる
2019/06/26 » マイア下院議長は新社会保障改革採決で最高380票の胸算用

バックナンバー »