Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落 2018/12/06

2017年の世界銀行が貧困層と認定している1日の一人当たりの所得が5.5ドル以下のブラジルの貧困層は、前年よりも197万人増加しているとブラジル地理統計院(IBGE)の所得格差調査で判明している。

昨年のブラジルの貧困層197万人増加は、全人口の約1/4に相当する5480万人に達しており、1カ月の一人当たりの平均所得は、406レアル以下での生活を余儀なくされている。

経済リセッションからの回復途上にも拘らず、昨年のブラジルの失業率が増加傾向を示していた影響で、貧困層増加につながったとブラジル地理統計院(IBGE)社会格差担当のアンドレ・シモエス部長は説明している。

2017年のブラジルの失業者総数は1,311万人に達しており、ブラジル人の所得の73.8%がサラリー収入だけのために、失業すればサラリー収入が途絶えるために貧困層入りを余儀なくされる。

昨年のブラジルのサラリーマンの平均所得は前年比0.7%減少の2,039レアル、しかし所得ピラミッドの最下層10%の昨年の所得減少は、18.0%に達して更なる貧困生活に結び付いている。

またブラジル国内の地域格差も拡大しており、昨年のブラジルの貧困層5,480万人の44.8%に相当する2,560万人は、北東部地域に集中している一方で、南部地域の貧困層は、人口の12.8%に相当する380万人に留まっている。

黒人並びに褐色男性の34.1%は貧困層カテゴリーに入っており、ブラジル平均よりも7.6%多い。また世帯主が黒人又は褐色女性で、未婚や14歳以下の子供を抱えている女性の64.4%は貧困層となっている。(2018年12月6日付けエスタード紙)



2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当
2018/11/30 » ボルソナロ次期大統領のパル協定離脱発言で、EUメルコスールFTA協定が暗礁に
2018/11/30 » 今年8月~10月の月間平均失業率は11.7%に減少
2018/11/29 » パウロ・ゲーデス次期財務相は柔軟な歳出政策を採用か
2018/11/28 » 今年10月の国庫庁の歳入は石油ロイヤリティが牽引
2018/11/27 » 年金・恩給受給の州政府公務員支出増加率は現役公務員の10倍以上
2018/11/27 » ボウソナロ大統領誕生後の一般消費者の景況感は大幅に改善
2018/11/26 » 今年11月のインフレ指数は過去15年間で最低
2018/11/26 » 製造業部門の頭痛の種は税制がトップ
2018/11/21 » 今年10月の正規雇用は7万3,000人予想
2018/11/19 » 今年第3四半期の304大企業の時価総額は25.7%上昇
2018/11/14 » 2017年の州政府の負債総額は前年比203億レアル増加の4,029億レアルに達している
2018/11/13 » 大半の企業はボウソナロ新政権に期待して積極的な投資を予定

バックナンバー »