Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加 2018/12/03

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2018年第3四半期のGDP伸び率は、サービス部門並びに農畜産部門が牽引して前四半期比0.8%増加、前年同期比では1.3%増加している。

今年の第3四半期のGDP伸び率が前四半期比0.8%増加したために7四半期連続で増加を記録したが、5月末から11日間継続したトラック運転手の国道封鎖抗議デモによる物流問題などの影響で第2四半期のGDP伸び率は低迷していた。

今年の第3四半期のGDPは、経済リセッション入り直前の2014年第1四半期のピーク時と比較して依然としてマイナス5.0%を記録しており、未だに2012年第1四半期の水準に留まっている。

ブラジル経済は漸く緊急治療室から一般病棟に移った状態であり、今後もケアを続ける必要があるとAustin Rating社チーフエコノミストのアレックス・アゴスティーニ氏は指摘している。

ブロードキャスト・プロジェクションによる金融機関対象によると、今年のGDP伸び率は1.3%、来年のGDP伸び率は3.0%を予想しているにも拘らず、ジャイール・ボウソナロ新政権発足後の年金・恩給改革承認に係っている。

MB Associados社チーフエコノミストのセルジオ・ヴァーレ氏は、来年のGDP伸び率は、米中貿易摩擦などの外的要因と年金・恩給改革承認に大きく左右されると予想している。

2018年第3四半期の部門別GDP伸び率では、農畜産部門は前四半期比0.7%増加、鉱工業部門は0.4%増加、サービス部門は0.5%増加、一般家庭の消費は0.6%増加、連邦政府支出は0.3%増加、住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門のGDP伸び率は6.6%増加、輸出は6.7%増加、輸入は10.2%増加している。(2018年12月1日付けヴァロール紙)



2020/06/05 » パンデミック危機で民間企業従業員の雇用や所得減少で、今年のINSSの赤字は2,770億レアルを突破か(2020年6月4日付けヴァロール紙)
2020/06/04 » 今年4月の鉱工業部門生産は過去18年間で最悪のマイナス18.8%を記録(2020年6月3日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス6.25%に下方修正(2020年6月1日付けエスタード紙)
2020/06/01 » 不透明なCOVID-19パンデミック終焉や政治混乱で第2四半期のGDP伸び率は弱い回復予想(2020年6月1日付けヴァロール紙)
2020/05/29 » COVID-19パンデミック危機の影響で、今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス1.5%を記録(2020年5月29日付けエスタード紙/IBGEサイトより抜粋)
2020/05/29 » 4月の中央政府の財政プライマリー収支は929億レアルの赤字計上(2020年5月28日付けヴァロール紙)
2020/05/28 » パンデミック危機はブラジル国内で110万人の正規雇用を奪う(2020年5月27日付けエスタード紙)
2020/05/28 » 今年4月の連邦政府の対内公的債務残高は1.28%減少の4兆1,600億レアル(2020年5月27日付けヴァロール紙)
2020/05/27 » COVID-19パンデミックが第1四半期の国内総生産を壊滅(2020年5月26日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミック危機で民事更生法申請が拡大予想(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » COVID-19の影響で今年4月の国庫庁の歳入は過去最低(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/22 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.4%も経済リセッションはそれ以上と予想(2020年5月20日付けヴァロール紙)
2020/05/22 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受けた労働訴訟は全体の20%を占めている(2020年5月20日付けエスタード紙)
2020/05/20 » 512万世帯がファヴェーラでの住居を余儀なくされている(2020年5月19日付けヴァロール紙)
2020/05/19 » 今年第1四半期の労働収入のない無収入家庭が6.5%増加(2020年5月19日付けエスタード紙)
2020/05/19 » 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、今年の財政プライマリー収支はGDP比9.0%の6,500億レアルの赤字予想(2020年5月18日付けエスタード紙)
2020/05/15 » コロナウイルス感染で製造業部門の70%は売上減少を余儀なくされている(2020年5月14日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 【論評】将来において経済には、社会的利益の目的を達成するための生産性の再編が求められる(2020年5月13日付けエスタード紙)
2020/05/13 » 今年3月のサービス部門販売量はマイナス6.9%を記録(2020年5月12日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトから抜粋)
2020/05/12 » 最終フォーカスレポートは今年のGDP伸び率をマイナス4.11%に下方修正(2020年5月11日付けエスタード紙)

バックナンバー »