Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
年金・恩給受給の州政府公務員支出増加率は現役公務員の10倍以上 2018/11/27

ブラジル応用経済研究所(Instituto de Pesquisa Econômica Aplicada : IPEA)の2017年9月~2018年8月の過去1年間の州政府支出調査によると、年金・恩給向け元州政府公務員支出増加率は前年比7.5%増加した一方で、現役公務員は僅か0.8%増加に留まって、10倍近い増加率を記録して州政府の財政悪化の大きな要因となっている。

各州政府は2015年から州政府公務員の人件費削減に努めているにも関わらず、30年前に大量に採用した州政府公務員が年金受給入り、またブラジル人の高齢化に伴って、年金・恩給支出が拡大の一途を辿っている。

2014年~2017年にかけて20州政府は、財政健全化の一環として公務員の削減に努めたにも関わらず、この間に24州政府では、主政府公務員の年金・恩給受給が拡大している。

この間のブラジル全州政府の公務員数は1.6%減少した一方で、年金・恩給受給開始した元公務員は5.6%と大幅に増加、州政府の支出拡大を余儀なくされて財政悪化の一因となっている。

1988年~1995年にかけて各州政府は、特別職で年金支給開始年齢が低い警察、消防署職員、教員を大量に採用、これらの公務員が年金受給開始年齢に達しており,各州政府は早急な年金・恩給改革に着手しなければ今後益々、財政悪化が避けられない。

2017年9月~2018年8月の過去1年間の各州政府の現役公務員に対する支出比較では、マット・グロッソ州はマイナス8.96%、次いでアラゴアス州マイナス4.97%、ブラジリア連邦直轄地マイナス3.89%、アクレ州マイナス2.78%、ペルナンブーコ州マイナス2.45%、エスピリット・サント州マイナス2.04%、パライバ州マイナス1.59%、セルジッペ州マイナス1.58%、パラー州マイナス1.29%、ピアウイ州はマイナス1.23%を記録している。

一方過去1年間の各州政府の元公務員に対する年金・恩給支給は、トカンチンス州が22.6%増加、アマパ州17.1%、ローライマ州16.8%、ブラジリア連邦直轄地16.8%、アクレ州15.2%、リオ州15.0%、マット・グロッソ州12.9%、ペルナンブーコ州10.9%、ゴイアス州10.1%、バイア州は8.0%それぞれ増加している。(2018年11月27日付けエスタード紙)



2019/10/17 » 3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大
2019/10/17 » 連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索
2019/10/17 » 6州政府の来年の州財政は赤字予算
2019/10/16 » 上院議会は石油・天然ガスメガ入札の地方政府への分配承認
2019/10/16 » プレソルト入札で今年の財政プライマリー収支赤字は900億レアルに減少
2019/10/15 » 今年8月のIBC-Br指数は前月比0.07%増加も第3四半期はプラスか
2019/10/14 » 高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている
2019/10/14 » 経済のデジタル化で課税問題発生
2019/10/11 » 米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨
2019/10/10 » プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける
2019/10/09 » 世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位
2019/10/08 » 行政改革断行で連邦公務員の特典削減
2019/10/07 » マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し
2019/10/04 » 連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始
2019/10/04 » 今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高
2019/10/04 » 連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認
2019/10/03 » 上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮
2019/10/02 » 第1回年金改革基本文書法案は上院で承認
2019/10/02 » 今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加
2019/10/01 » ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性

バックナンバー »