Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
過去2年間で労働組合加盟員が200万人減少 2018/11/09

ブラジル地理統計院(IBGE)の全国家庭サンプル調査(Pnad)によると、労働手帳に記載される正規雇用は、経済リセッションの影響を受けて2016年末まで3年連続で減少していた。

正規雇用者の減少に伴って、ブラジル国内の労働組合加盟員数も2015年の1,824万3,000人から2016年は1,687万4,000人と約160万人減少、また2017年は1,631万3,000人と1年間で50万人以上減少している。

経済リセッション真っただ中の2015年から2016年にかけて、正規雇用者は約100万人減少、また労働組合加盟員数は約160万人減少して非正規雇用の増加が顕著になってきている。

2015年の労働者に占める労働組合加盟員比率は13.1%であったが、2017年には11.5%まで減少して正規雇用者数の減少が顕著になっている。2017年の労働組合加盟員の55%は男性となっている。

2015年から2017年にかけて製造業部門の労働組合加盟員はマイナス54万7,000人を記録、農畜産部門もマイナス33万6,000人、公務員はマイナス17万5,000人を記録している。

前記同様に地域別比較では、製造業部門でブラジルを牽引する南東部地域はマイナス68万2,000人、北東部地域はマイナス59万1,000人、南部地域はマナス55万1,000人を記録している。

新労働法施行前には、すべての労働者は組合税という名で有名な労働組合加入費の支払いが義務付けられていて、伝統的に毎年3月に、1日に日割りした給与と同等の金額を給与から差し引かれた。

しかし新労働法施行でこの労働組合加入費の支払いは任意となり、組合加入費支払いを決めるのは、労働者自身に変更されて労働組合加入費の大幅減少が予想されているが、まだ統計は取れていない。

2017年の自営業者は前年比44万3,000人増加の320万人に達している。また2017年のカメローと呼ばれる露天商、フードトラックと呼ばれる移動販売屋台、パンフレット配布員などの路上自営業者は207万人に達している。

2017年のブラジルの穀物生産は記録更新したにも関わらず、農畜産部門の従事者は前年比27万4,000人減少の817万人を記録、特に小規模家族農業が大半を占める北部地域並びに北東部地域での減少が顕著となっている。

ボルソナロ新政権では、財政削減の一環として省庁統合による小さな政府実現を謳っており、労働省を廃止して分割統合を発表、しかし600人の労働省職員が反対デモンストレーション運動を起こしている。(2018年11月9日付けヴァロール紙)

 



2019/01/23 » 2019年のGDP伸び率は2.3%か
2019/01/22 » 年金改革で公務員のINSS負担金引上げか
2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%

バックナンバー »