Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
最高裁判事給与の16・38%調整は州政府の60億レアル支出に繋がる 2018/11/08

昨日の上院議会では、ブラジル連邦最高裁(STF)の判事給与の16.38%調整を承認。最高裁(STF)のジアス・トフォリ長官は、給与調整との引換に住宅手当を約束している。

昨日の上院議会の最高裁(STF)判事給与の16.38%調整の採決では、賛成票は41票、反対票は16票で可決、ミッシェル・テーメル大統領の承認待ちとなっている。

現在の最高裁(STF)判事の給与は3万3,000レアル、16.38%の給与調整で3万9,200レアルに上昇、これに伴って裁判官や検察官、検事、議会司法関係者の給与調整の可能性に繋がり、州政府にとって60億レアルの支出に繋がる可能性が指摘されている。

今年の中央政府並びに地方政府(州・市)を合わせた財政プライマリー収支赤字は1250億レアルが見込まれているが、最大の赤字計上の社会保障院(INSS)に次いで、司法関連公務員の給与調整承認は財政悪化に拍車をかける。

2017年州政府の公務員給与総額が限度の60%を超えているのは16州政府と2016年の9州政府から大幅に増加しており、今回の最高裁(STF)判事の給与調整承認で、州政府にとって更に公務員向け支出増加に繋がる。

また昨日は下院議会では、自動車業界向けの年間の減税総額が21億レアルに達するRota2030プログラムに関する大統領暫定令MP843号/2018が下院議会で承認されている。

今回の地方統一選挙で再選されなかったエウニシオ・オリヴェイラ上院議長(民主党 DEM)は、昨日急遽地元のセアラー州からブラジリアに戻り、午後5時から上院議会で採決を行った。オリヴェイラ上院議長は、ラヴァ・ジャット汚職問題関連のオデブレヒト社元取締役の罪軽減と引き換えの報償付告発で名前が挙がっている。

また今回の地方統一選挙で再選されなかったボウソナロ次期政権の連立与党を形成する民主党(DEM)重鎮のロメロ・ジュカ上院議員もラヴァ・ジャット汚職で嫌疑がかかっているが、司法の独立性支持しているために給与調整に賛成票を投じたとジュカ上院議員は説明している。(2018年11月8日付けエスタード紙)



2019/01/23 » 2019年のGDP伸び率は2.3%か
2019/01/22 » 年金改革で公務員のINSS負担金引上げか
2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%

バックナンバー »