Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年10月のインフレ指数は予想を下回る0.45%に留まる 2018/11/08

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2018年10月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、9月の0.48%から更に減少の0.45%に低下して、11月はデフレになると予想されている。

今年10月の過去12カ月間のIPCA指数は、4.56%と先月の4.53%から僅かに上昇、Valor Data社による35金融機関の調査では、過去12カ月間のIPCA指数は4.66%、10月のIPCA指数は0.56%であった。

サフラ銀行では、今年のIPCA指数は前回予想の4.0%から3.9%と僅かに下方修正、MCM  Consultores社も4.2%から4.0%に下方修正、サンタンデール銀行は4.3%、UBS銀行は4.6%を予想している。

今年10月のIPCA指数のうちサービス部門の過去12カ月間のIPCA指数は、3.03%で2001年以降では最も低いインフレ指数を記録、サンタンデール銀行では11月のIPCA指数はマイナス0.11%とデフレを予想、1998年11月に記録したマイナス0.12%に次ぐ記録を予想している。

またテンデンシアス社の11月のIPCA指数は、マイナス0.01%を予想した一方でイタウー銀行では0.05%のインフレ指数を予想、過去12カ月間では4.3%に下がると予想している。

10月の燃料価格は0.92%上昇したものの、9月の1.69%値上げよりも低い調整となっていた。ガソリン並びにディーゼル価格は、2.44%上昇してIPCA指数を0.14%押し上げている。

今年9月の住居費は0.37%増加したが、10月は0.14%増加に留まった。前記同様に身の回り品は0.38%から0.25%、教育費は0.24%から0.04%、衛生・医療費は0.28%から0.27%とそれぞれ減少している。

しかし10月の飲料・食品価格は、前月の0.10%から0.59%増加してIPCA指数を0.15%押し上げている。日用品は0.11%から0.76%、衣類はマイナス0.02%から0.33%とそれぞれ上昇している。(2018年11月8日付けヴァロール紙)

 



2019/01/23 » 2019年のGDP伸び率は2.3%か
2019/01/22 » 年金改革で公務員のINSS負担金引上げか
2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%

バックナンバー »