Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
16州政府は公務員給与支払い不能の可能性 2018/11/07

国庫庁の調査によると、2017年の半数以上の州政府に相当する16州政府は、財政責任法(LRF)の支出総額の60%までに制限されている州政府公務員の給与総額限度を超えて財政責任法(LRF)を果たしていない。

2016年の州政府の公務員給与総額が限度の60%を超えていたのは9州政府であったが、2017年は16州政府に増加、財政が悪化している州政府は、治安や教育向け予算削減を余儀なくされ、財政緊急事態宣言に追いこまれる可能性が拡大してきている。

昨年の公務員給与総額が限度を大幅に上回る75%を突破したのは、北大河州並びにリオ州、ミナス州、南大河州、南マット・グロッソ州の5州となっており、リオ州政府は2016年末の財政緊急事態宣言の発表を余儀なくされていた。

公務員給与総額が86%に達している北大河州政府は、昨年末に連邦政府に対して、大統領暫定令(MP)発令による州政府の救済を要請したにも関わらず、州政府公務員向け給与救済は違法であり、財務省は許可しなかった。

公務員給与総額が86%に達している北大河州政府に次いでリオ州は81%、ミナス州79%、南大河州78%、南マット・グロッソ州は77%、ブラジリア市74%とそれぞれ70%を突破している。

ピアウイ州政府は68%、トカンチンス66%、マット・グロッソ州65%、アクレ州並びにセルジッペ州は64%、パライーバ州並びにローライマ州63%、アラゴアス州並びにバイア州、サンタ・カタリーナ州61%、アマゾナス州は60%と限度を超えている。

またアマパ州は59%、ゴイアス州並びにパラー州、ペルナンブーコ州はそれぞれ58%、マラニョン州57%、セアラー州56%、エスピリット・サント州並びにロンドニア州はそれぞれ55%、サンパウロ州は54%に留まっている。

南大河州政府は、今年の13か月目サラリー支払いができないために、連邦政府による州財政救済制度(RRF)の導入検討を余儀なくされている。2005年~2016年の1人当たりの州政府公務員向けインフレ指数を差引いた実質平均サラリーは57%増加した一方で、5州政府は80%以上増加していた。(2018年11月7日付けエスタード紙)



2019/11/21 » 今年第3四半期の失業率低下は唯一サンパウロ州のみ
2019/11/21 » 今年10月の国庫庁の歳入総額は1,350億レアル
2019/11/19 » 税制改革立案で上下院合同委員会設置
2019/11/19 » 今後4年間で税制優遇政策を大幅にカット
2019/11/19 » 今年の連邦政府の財政プライマリー収支赤字は800億レアル以下予想
2019/11/18 » 4段階での税制改革案を国会に提出か
2019/11/13 » 新雇用促進プログラムはブロクラシー軽減と労働環境緩和を織り込む
2019/11/12 » 180万人の若者中心の新規雇用プログラム発表
2019/11/11 » 今年9月のサンパウロ州の鉱工業生産は前月比マイナス1.4%
2019/11/07 » 経常収支悪化と金融投資逃避はドル高の為替要因
2019/11/06 » ゲーデス経済相の改革プランは公共支出ロジック変更を模索
2019/11/05 » 民間部門牽引で2020年のGDP伸び率を2.5%に引上げ
2019/11/04 » 低所得層対象の新雇用促進制度導入か
2019/11/04 » 今年第3四半期の鉱工業生産は前月比僅か0.3%増加
2019/10/31 » 来年の財政プライマリー収支は予想を上回る臨時歳入にも関わらず、据置か
2019/10/29 » ゲーデス経済相は財政再建政策パッケージを国会に提出か
2019/10/29 » 昨年の所得上位のA層とB層は14.4%に上昇
2019/10/29 » ブラジルの製造業界はアルゼンチンの大統領交代を静観
2019/10/28 » クレジット並びに雇用改善で今年のGDP伸び率を上方修正
2019/10/25 » 今年9月の経常収支は貿易収支悪化で赤字拡大

バックナンバー »