Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ジャイル・ボルソナロ大統領候補はインジオ保護区の境界変更を拒否 2018/10/24

ジャイル・ボルソナロ候補(PSL=社会自由党)は、新大統領に就任すれば現在申請されているインジオ保護区の129件の境界画定変更を中止すると表明している。

国立インジオ保護財団(Funai)では、現在申請中の129件の境界画定変更地域のインジオ保護区には先住民が12万人居住しており、境界画定変更地域の総面積はペルナンブーコ州の980万ヘクタールを上回る1,130万ヘクタールと発表している。

仮にパラー州内のタパジョー河の水力発電所、アマゾナス州マナウス市とローライマ州ボア・ヴィスタ市の送電線プロジェクトなど現在申請中の129件の境界画定変更が承認されれば、境界画定変更地域の総面積は15.0%減少の851.6万ヘクタールまで減少を余儀なくされると社会環境院(ISA)では指摘している。

ブラジル国内のインジオ保護区の大半は、北部地域並びに中西部地域の辺境地の熱帯雨林が大半であるが、先住民のインジオ保護区426カ所の土地面積は、ブラジル国土の14%に相当する1,170万ヘクタールに達している。

しかし既に境界画定変更地域の開発中のインフラ整備案件の鉄道並びに水力発電所建設、鉱山開発は継続を約束しているが、それ以外の案件は1センチメートルたりとも許可しないとジャイル・ボルソナロ候補は強調している。

先週Aprosoja Brasil協会のアントニオ・ガルヴァン会長は、ジャイル・ボルソナロ候補に対して、インジオ保護区の129件の境界画定変更を中止の再考を要請している。(2018年10月24日付けエスタード紙)



2020/08/13 » 今年上半期のICMS税の歳入増加は北部と中西部の6州政府(2020年8月12日付けエスタード紙)
2020/08/11 » ブラジリア市とサン・ジョアキン市の国立公園運営権を民営化(2020年8月10日付けヴァロール紙)
2020/08/07 » 今年第2四半期の失業率は13.3%を記録(2020年8月6日付けエスタード紙)
2020/08/06 » 個人所得税の控除額3,000レアルに引き上げは220億レアルの歳入減少に結びつく(2020年8月5日付けヴァロール紙)
2020/08/05 » 6月の鉱工業部門生産は8.9%増加(2020年8月4日付けエスタード紙)
2020/08/04 » COVID-19パンデミックで貧困層D/Eクラスが380万家族増加予想(220年8月3日付けヴァロール紙)
2020/08/03 » 今年のブラジル人の生活水準は2008年並みに戻ると予想(2020年8月3日付けエスタード紙)
2020/08/03 » 健康保険プランは需要縮小でプラン再契約価格低下(2020年8月3日付けヴァロール紙)
2020/07/31 » 今年上半期の連邦政府の財政収支は過去24年間で最高の4,170億レアルの赤字計上(2020年7月30日付けヴァロール紙)
2020/07/29 » 今年6月の経常収支は22億ドルの黒字計上(2020年7月28日付けヴァロール紙)
2020/07/28 » 今年のGDP伸び率はマイナス5.77%(2020年7月27日付けエスタード紙)
2020/07/24 » サービス部門は、税制改革の12%のPIS/Cofins統一税に不服で改革阻止を示唆(2020年7月23日付けエスタード紙)
2020/07/24 » 今年6月の国庫庁の歳入総額は862億レアルに留まり、6月としては2004年以降で最低の歳入を記録(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/24 » 今年6月の失業率は12.4%に上昇(2020年7月23日付けヴァロール紙)
2020/07/23 » 今年6月の地方政府の歳入は前年同月比82億レアル増加(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/23 » 今年の中央政府の財政プライマリー収支赤字は8,000億レアルに接近か(2020年7月22日付けエスタード紙)
2020/07/22 » 税制改革は税制システムの透明性と社会格差の是正に結びつくとスペシャリストは指摘(2020年7月21日付けエスタード紙)
2020/07/20 » 今年第3四半期の失業者は1,500万人突破か(2020年7月18日付けエスタード紙)
2020/07/17 » COVID-19パンデミックで94万8,800社が従業員削減を余儀なくされた(2020年7月16日付けヴァロール紙)
2020/07/16 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.7%の据え置き(2020年7月15日付けエスタード紙)

バックナンバー »