Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年8月のサンパウロ州の鉱工業部門生産はマイナス0.9% 2018/10/10

ブラジル地理統計院(IBGE)の州別鉱工業部門生産調査(PIM-Regional)によると、2018年8月のブラジル全国平均の鉱工業部門生産(GDP)伸び率は、前月比マイナス0.3%を記録、調査対象の26州のうち14州で前月比マイナスを記録している。

また今年8月のサンパウロ州鉱工業部門生産(GDP)伸び率は、8月20日に発生したパウリニア製油所(Replan)の火災による11日間の操業停止の影響を受けて、前月比マイナス0.9%を記録した。

今年8月のサンパウロ州鉱工業部門生産(GDP)伸び率マイナス0.9%以外にもマナウスフリーゾーンを抱えるアマゾナス州の鉱工業生産は、ペトロブラス石油公社傘下のIsaac Sabba製油所の操業停止並びに飲料部門の生産落込みの影響を受けて、マイナス5.3%と大幅に落ち込んでいる。

前記同様にパラー州はマイナス1.1%、エスピリット・サント州マイナス0.9%、サンタ・カタリーナ州マイナス0.7%、リオ州はマイナス0.3%とそれぞれ前月比割れを記録している。

一方8月の鉱工業部門生産(GDP)が大幅に伸びた州としては、マット・グロッソ州は前月比3.0%増加、バイア州2.7%、ペルナンブーコ州2.6%、セアラー州1.5%、北東部地域1.5%、南大河州0.8%、パラナ州0.7%、ミナス州0.5%、ゴイアス州はそれぞれ0.2%増加している。

また8月の鉱工業部門生産伸び率の前年同月比では、全国平均は2.0%増加、また調査対象の15地域のうち11地域で増加を記録、特に南大河州は、自動車並びに紙・パルプセクターが牽引して12.3%増加、ペルナンブーコ州11.7%、パラー州も11.0%とそれぞれ二桁台の伸び率を記録している。

今年8月のサンパウロ州の鉱工業部門生産伸び率は、前年同月比0.7%増加に留まっており、自動車セクターは1.92%、機械・装置セクターは1.95%それぞれ増加した一方で、化学製品セクターは0.24%、医薬品セクターは0.20%とそれぞれ微増に留まっている。(2018年10月10日付けヴァロール紙)



2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当
2018/11/30 » ボルソナロ次期大統領のパル協定離脱発言で、EUメルコスールFTA協定が暗礁に
2018/11/30 » 今年8月~10月の月間平均失業率は11.7%に減少
2018/11/29 » パウロ・ゲーデス次期財務相は柔軟な歳出政策を採用か
2018/11/28 » 今年10月の国庫庁の歳入は石油ロイヤリティが牽引
2018/11/27 » 年金・恩給受給の州政府公務員支出増加率は現役公務員の10倍以上
2018/11/27 » ボウソナロ大統領誕生後の一般消費者の景況感は大幅に改善
2018/11/26 » 今年11月のインフレ指数は過去15年間で最低
2018/11/26 » 製造業部門の頭痛の種は税制がトップ
2018/11/21 » 今年10月の正規雇用は7万3,000人予想
2018/11/19 » 今年第3四半期の304大企業の時価総額は25.7%上昇
2018/11/14 » 2017年の州政府の負債総額は前年比203億レアル増加の4,029億レアルに達している
2018/11/13 » 大半の企業はボウソナロ新政権に期待して積極的な投資を予定

バックナンバー »