Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
連邦政府公務員のサラリー調整はインフレ指数を大幅に上回っている 2018/10/08

2008年~2017年の過去10年間のインフレ指数は80%を記録しているが、この期間の教育省の連邦公務員サラリー調整は240.8%増加、サラリー支出総額は174億レアルから593億レアルに達している。

2008年の教育省の連邦公務員サラリー支出総額は予算の52.7%を占めていたにも関わらず、10年後の2017年の支出総額は、予算の56.2%まで上昇して、教育省の予算を圧迫している。

また過去10年間の科学技術革新通信省の連邦公務員サラリー支出は263.8%増加、過去10年間のサラリー支出総額は予算の22.5%から46.4%と比率が2倍に増加している。

次期大統領は、連邦公務員の人件費支出を抑制するために構造改革に着手しなければならないが、現在309種もあるキャリア階級を20階級に縮小、5,000レアルの初任給の制限などが検討されている。

今年7月の過去12カ月間の連邦公務員の人件費支出総額は2,976億レアルに達しており、1997年の1,437億レアルの2倍に相当してインフレ指数を遥かに上回る給与調整が行われていた。

2008年の立法府の下院議会関連の連邦公務員のサラリー総額は予算の81.2%を占めていたが、2017年には82.6%まで増加、前記同様に上院議会関連の連邦公務員のサラリー総額は、予算の83.8から85.5%に上昇している。

また行政府の農務省関連の連邦公務員のサラリー総額は、予算の57.3%から69.9%に上昇、財務省は74.6%から81.6%、商工サービス省は36.6%から46.7%にそれぞれ上昇している。

司法関連では連邦最高裁判所関連の連邦公務員のサラリー総額は、予算の56.9%から67.6%に上昇、上級司法裁判所は81.9%から76.2%に減少、連邦裁判所は76.3%から78.7%に上昇、選挙裁判所は67.9%から68.6%に上昇、労働裁判所は89.7%から83.1%に減少している。

連邦最高裁判所の判事は、2019年から16.38%に達する給与調整引上げを承認しているが、国会での承認が必要となっている。(2018年10月8日付けエスタード紙)



2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当
2018/11/30 » ボルソナロ次期大統領のパル協定離脱発言で、EUメルコスールFTA協定が暗礁に
2018/11/30 » 今年8月~10月の月間平均失業率は11.7%に減少
2018/11/29 » パウロ・ゲーデス次期財務相は柔軟な歳出政策を採用か
2018/11/28 » 今年10月の国庫庁の歳入は石油ロイヤリティが牽引
2018/11/27 » 年金・恩給受給の州政府公務員支出増加率は現役公務員の10倍以上
2018/11/27 » ボウソナロ大統領誕生後の一般消費者の景況感は大幅に改善
2018/11/26 » 今年11月のインフレ指数は過去15年間で最低
2018/11/26 » 製造業部門の頭痛の種は税制がトップ
2018/11/21 » 今年10月の正規雇用は7万3,000人予想
2018/11/19 » 今年第3四半期の304大企業の時価総額は25.7%上昇
2018/11/14 » 2017年の州政府の負債総額は前年比203億レアル増加の4,029億レアルに達している
2018/11/13 » 大半の企業はボウソナロ新政権に期待して積極的な投資を予定

バックナンバー »