Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2023年の公的債務残高はGDP比84.1%まで上昇か 2018/10/04

2017年末の国庫庁の確定金利付き国債である政策誘導金利(Selic)連動国債発行は、全体の31.5%を占めていたが、2021年12月~2024年にかけて37.0%を上回ると上院独立財政機関(IFI:Independent Fiscal Institutions)は予想している。

中銀の発表によると、2018年8月のインフレ指数を含むブラジルの名目公的債務残高は、社会経済開発銀行(BNDES)による国庫庁への700億レアルの供与金返済にも関わらず、GDP比77.3%に相当する5兆2,200億レアルに達しているが、2023年~2024年にはGDP比84.1%に達すると予想している。

しかしブラジルの公的債務残高は、2020年~2030年まで年間平均GDP伸び率が2.2%、平均Selic金利が年間平均4.3%と仮定すれば、2025年から継続して減少傾向となって、2030年にはGDP比72.6%まで減少すると予想されている。

しかし最も悲観的なシナリオとして、2020年~2030年まで年間平均GDP伸び率が僅か1.4%、平均Selic金利が年間平均5.8%の高金利と仮定すれば、2030年のブラジルの公的債務残高はGDP比102.9%に達すると予想されている。

また最も楽観的なシナリオとして、2020年~2030年まで年間平均GDP伸び率が3.4%、平均Selic金利が年間平均3.2%の低金利であれば、2030年のブラジルの公的債務残高はGDP比39.7%まで減少すると予想されている。

2017年末のブラジル国債の内訳として、Selic連動金利などの確定金利付き国債は全体の35.3%、しかし2030年には39.8%まで上昇すると予想されている。

また前記同様にインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の物価連動国債は31.5%から36.1%に上昇、一方で変動金利国債は、29.6%から22.1%に減少すると予想されている。(2018年10月4日付けヴァロール紙)



2019/02/20 » 今年1月の国庫庁の歳入は前年同期比マイナスを記録
2019/02/19 » 年金改革や公社民営化で今後10年間での経済効果は5,000億レアル相当か
2019/02/19 » 連邦政府は州政府救済措置発令で年金改革推進
2019/02/15 » ボルソナロ大統領は男女別年金受給最低年齢を承認
2019/02/15 » 今年初めのマクロ経済指数は弱含み
2019/02/13 » 年金受給最低年齢は女性57歳、男性62歳と大幅譲渡か
2019/02/12 » 2018年の製造業部門の40%はマイナス1.0%以上を記録
2019/02/12 » 国会議員の大半は年金改革支持
2019/02/11 » ロドリゴ・マイア下院議長は、年金改革支持で各州知事と交渉
2019/02/06 » サンパオロ州政府はケロシン向けICMS税25%を12%にカット
2019/02/04 » 2018年の鉱工業生産伸び率は前年比1.1%増加に留まる
2019/02/01 » 加入者並びに雇用主がそれぞれ8.5%拠出による貯蓄型個人年金制度検討
2019/02/01 » 2018年の失業率は非正規雇用増加が牽引して低下
2019/01/31 » サリン・マタール民営化長官はBB並びにCAIXA、ペトロブラス以外は全て民営化対象を示唆
2019/01/30 » 2018年の財政フライマリー収支赤字は1,200億レアルに留まる
2019/01/30 » ブラジル大使館のエルサレム移転はアラブ連合が一斉にボイコット警告
2019/01/29 » 2018年の対内直接投資は経常収支赤字の5倍以上を記録
2019/01/28 » 今年は公社民営化で753億レアルの臨時歳入を見込んでいる
2019/01/28 » 2018年の一般会計歳入総額は過去4年間で最高
2019/01/28 » 今年1月の一般消費者の景況感は改善

バックナンバー »