Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2023年の公的債務残高はGDP比84.1%まで上昇か 2018/10/04

2017年末の国庫庁の確定金利付き国債である政策誘導金利(Selic)連動国債発行は、全体の31.5%を占めていたが、2021年12月~2024年にかけて37.0%を上回ると上院独立財政機関(IFI:Independent Fiscal Institutions)は予想している。

中銀の発表によると、2018年8月のインフレ指数を含むブラジルの名目公的債務残高は、社会経済開発銀行(BNDES)による国庫庁への700億レアルの供与金返済にも関わらず、GDP比77.3%に相当する5兆2,200億レアルに達しているが、2023年~2024年にはGDP比84.1%に達すると予想している。

しかしブラジルの公的債務残高は、2020年~2030年まで年間平均GDP伸び率が2.2%、平均Selic金利が年間平均4.3%と仮定すれば、2025年から継続して減少傾向となって、2030年にはGDP比72.6%まで減少すると予想されている。

しかし最も悲観的なシナリオとして、2020年~2030年まで年間平均GDP伸び率が僅か1.4%、平均Selic金利が年間平均5.8%の高金利と仮定すれば、2030年のブラジルの公的債務残高はGDP比102.9%に達すると予想されている。

また最も楽観的なシナリオとして、2020年~2030年まで年間平均GDP伸び率が3.4%、平均Selic金利が年間平均3.2%の低金利であれば、2030年のブラジルの公的債務残高はGDP比39.7%まで減少すると予想されている。

2017年末のブラジル国債の内訳として、Selic連動金利などの確定金利付き国債は全体の35.3%、しかし2030年には39.8%まで上昇すると予想されている。

また前記同様にインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)の物価連動国債は31.5%から36.1%に上昇、一方で変動金利国債は、29.6%から22.1%に減少すると予想されている。(2018年10月4日付けヴァロール紙)



2019/06/17 » 今年4月のIBC-Br指数はマイナス0.47%
2019/06/14 » 今年4月のサービス部門のGDP伸び率は0.3%に留まる
2019/06/13 » 年金改革案による今後10年間の歳出削減は8,500億レアルに縮小か
2019/06/12 » 国会は2,489億レアルの臨時支出承認
2019/06/11 » 最終フォーカスレポートは15週連続で今年のGDSP伸び率を下方修正
2019/06/10 » ブラジルは35自由貿易協定を擁するもブロクラシーが足枷
2019/06/10 » 新社会保障年金改革案のサラリーボーナス支給額引上げか
2019/06/07 » 最高裁は国会の承認なしに連邦公社子会社の民営化承認
2019/06/06 » 今年第1四半期のハイテク分野はテクニカルリセッション入りか
2019/06/05 » 財政均衡プラン(PEF)適用申請の州政府は最大限の財政削減が不可欠
2019/06/05 » 2,100市町村は連邦政府との統一新社会保障案に合流
2019/06/04 » 今年4月の製造業部門生産は0.7%増加予想
2019/06/03 » 今年2月~4月の平均失業率は就職活動停止拡大で12.5%に減少
2019/06/03 » 連邦政府は各地方政府の新社会保障案を容認か
2019/05/31 » 連邦政府は経済活性化でFGTS預金引出を検討
2019/05/30 » 今年第1四半期のGDP伸び率はマイナス0.2%
2019/05/30 » 今年4月の財政プライマリー収支は65億3,700万レアルの黒字計上
2019/05/30 » アルゼンチンはマクリ政権で5回目のゼネストで国家機能マヒ
2019/05/29 » 今年のブラジルの世界競争力ランキングは59位
2019/05/28 » 州政府公務員の時短制度導入で388億レアルのコストカット

バックナンバー »