Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
過去30年間でテーメル政権のGDP伸び率は僅かコロール政権とジウマ政権を上回った 2018/09/19

1985年の民政移管以降の過去30年間の各大統領の平均四半期のGDP伸び率比較では、ミッシェル・テーメル政権のGDP伸び率は、弾劾裁判により大統領が罷免されたブラジル史上初のフェルナンド・コロール・デ・メロ大統領とジウマ・ロウセフ大統領を辛うじて上回ったとジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)のマクロ経済報告書で判明している。

ミッシェル・テーメル政権の2016年5月12日~2018年6月30日までのGDP伸び率は2.1%、各四半期の平均GDP伸び率は0.25%、2016年5月12日~2018年12月31日は3.5%、各四半期の平均GDP伸び率は0.34%が見込まれている。

過去30年間で最もGDP伸び率が低かったのは、フェルナンド・コロール・デ・メロ政権の1990年3月15日~1992年12月29日のマイナス1.7%、四半期の平均GDP伸び率はマイナス0.1%であった。

またジウマ・ロウセフ政権の2011年1月1日~2016年5月12日のGDP伸び率は0.5%、四半期の平均GDP伸び率は僅か0.02%に留まっていた一方で、現在拘束されているルーラ政権時の2003年1月1日~2010年12月31日までの8年間のGDP伸び率は37.4%、四半期の平均GDP伸び率は1.2%と過去30年間では、2年間の政権運営をしたイタマール・フランコ政権の1.8%に次いでいる。

1995年1月1日~2002年12月31日までのフェルナンド・エンリケ・カルドーゾ政権8年間のGDP伸び率は16.4%、四半期の平均GDP伸び率は僅か0.5%に留まっていた。1985年3月15日~1990年5月15日までのジョゼ・サルネイ政権のGDP伸び率は18.1%、四半期の平均GDP伸び率は0.9%を記録している。(2018年9月19日付けヴァロール紙)



2019/10/17 » 3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大
2019/10/17 » 連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索
2019/10/17 » 6州政府の来年の州財政は赤字予算
2019/10/16 » 上院議会は石油・天然ガスメガ入札の地方政府への分配承認
2019/10/16 » プレソルト入札で今年の財政プライマリー収支赤字は900億レアルに減少
2019/10/15 » 今年8月のIBC-Br指数は前月比0.07%増加も第3四半期はプラスか
2019/10/14 » 高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている
2019/10/14 » 経済のデジタル化で課税問題発生
2019/10/11 » 米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨
2019/10/10 » プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける
2019/10/09 » 世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位
2019/10/08 » 行政改革断行で連邦公務員の特典削減
2019/10/07 » マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し
2019/10/04 » 連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始
2019/10/04 » 今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高
2019/10/04 » 連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認
2019/10/03 » 上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮
2019/10/02 » 第1回年金改革基本文書法案は上院で承認
2019/10/02 » 今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加
2019/10/01 » ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性

バックナンバー »