Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルのCDS指数は不透明な大統領選挙を控えて2倍に増加 2018/09/13

今年9月のブラジルの社債や国債、貸付債権などの信用リスクに対して、保険の役割を果たすデリバティブ契約のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は、282ポイントと今年1月の140ポイントから2倍に増加している。

10月の大統領選挙を控えて、2次決戦投票まで縺れ込むのは避けられないにも関わらず、極端な右派や左派を含めて大統領候補者5人の可能性があり、国内外の金融市場関係者は、大統領選挙の行方をかたずをのんで見守っている。

8月13日アルゼンチン中銀は一挙に5.0%の政策金利引き上げて、年利が45%で世界最高の高金利国になっていたが、同月30日にもトルコの通貨危機が飛び火した影響で、更なるアルゼンチンペソの暴落防止対策として政策金利を一挙に15%引上げて、60%に決定した余儀なくされていた。

現在のアルゼンチンのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は700ポイント、トルコも500ポイント前後で推移して、ブラジルのリスクを大幅に上回っている。

2008年に国際的な格付け会社フィッチ・レーティングスは、ブラジルのソブリン格付けを1段階引き上げ、投資適格級のBBBマイナスとして、スタンダー ド&プアーズ(S&P)に続いて投資適格級に格上げしたブラジルのCDS指数は100ポイントまで下げていた。

第2次決戦投票が確実な大統領選挙の行方次第では、282ポイントのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)指数は更に上昇する可能性があるが、大統領選挙後のCDS指数を下げる要因として、GDP比80%近くに達している対内公的債務残高を新興国の平均であるGDP比50%まで下げる必要がある。

米国の中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は、イエレン元議長在任の2015年12月から金利を上げ続けている影響で、新興国で資金流出して問題になっているのは、アルゼンチン、トルコ、南アフリカ、ブラジルが大きな影響を受けている。

米国金利上昇で新興国の通貨は下落を続けており、今年のアルゼンチンペソはドルに対して103%下落、トルコ68%、ブラジルのレアル通貨はR$3.20からR$4.10と24.5%も下落している。

次期大統領は初めに海外投資家のブラジル信用回復として、年金・恩給改革に着手しなければならないと元中銀理事でMaua Capital共同経営者のルイス・フェルナンド・フィゲイレード氏はコメントしている。

2002年の大統領選挙中のブラジルのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)は、外貨準備高は僅か370億ドルで4,000ポイントに達していたが、現在の外貨準備高は10倍以上の3,800億ドルで、海外の金融ボラティリティに充分対応できる。(2018年9月13日付けエスタード紙)

 



2019/10/17 » 3年ぶりの貧困層減少も最貧困層が4年連続で拡大
2019/10/17 » 連邦政府は国会承認なしの行政組織変更を模索
2019/10/17 » 6州政府の来年の州財政は赤字予算
2019/10/16 » 上院議会は石油・天然ガスメガ入札の地方政府への分配承認
2019/10/16 » プレソルト入札で今年の財政プライマリー収支赤字は900億レアルに減少
2019/10/15 » 今年8月のIBC-Br指数は前月比0.07%増加も第3四半期はプラスか
2019/10/14 » 高等教育卒業者の11%は最低サラリーに留まっている
2019/10/14 » 経済のデジタル化で課税問題発生
2019/10/11 » 米国はブラジルのOECD加盟を支持するもアルゼンチンを推奨
2019/10/10 » プレソルト入札分配でSP州並びにRS州、MT州が恩恵を受ける
2019/10/09 » 世界経済フォーラムの2019年版「世界競争力報告」でブラジルは71位
2019/10/08 » 行政改革断行で連邦公務員の特典削減
2019/10/07 » マイア下院議長とアルコルンブレ上院議長はプレソルト入札の臨時歳入分配で根回し
2019/10/04 » 連邦警察によるSelic金利情報漏洩「流星」作戦開始
2019/10/04 » 今年9月の一般家庭の負債は過去6年間で最高
2019/10/04 » 連邦政府はマイノリティ株主を含めて637連邦公社の存在確認
2019/10/03 » 上院本会議での年金改革法案基本文書承認も地方政府への分配で苦慮
2019/10/02 » 第1回年金改革基本文書法案は上院で承認
2019/10/02 » 今年8月の鉱工業生産は前月比0.8%増加
2019/10/01 » ブラジルは工業国トップ10から脱落の可能性

バックナンバー »