Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
7月のインフレ指数は0.33%に失速 2018/08/08

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2018年7月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、5月下旬から11日間継続したトラック運転手による国道封鎖ストライキの影響で、6月のインフレ指数の1.26%から僅か0.33%に留まっている。

今年7月の過去12カ月間のIPCA指数は、4.48%と6月の4.39%から上昇したにも関わらず、連邦政府が容認しているインフレ中央目標値4.5%を下回っている。また今年初め7か月間の累積インフレ指数は2.94%に留まっている。

今年7月のインフレ指数が0.33%に留まった要因として、住居費が1.54%、公共輸送費が0.49%とそれぞれ6月から大幅に減少した一方で、一般家庭の光熱費は5.33%と大幅に上昇している。

また5月下旬から11日間継続したトラック運転手による国道封鎖ストライキの影響で、6月のガソリン価格は、5.0%増加から7月は一転して1.01%に下落、前記同様にエタノール価格は4.22%からマイナス5.48%を記録、7月の燃料価格はマイナス1.80%を記録した一方で、都市バス運賃は1.46%、都市間バス運賃は8.70%とそれぞれ大幅な値上げ理を記録している。

7月の食料品・飲料価格は、6月の過去29カ月間で最高の2.03%の値上がりからマイナス0.12%を記録して、5月下旬発生のトラック運転手による国道封鎖ストライキの影響が薄れてきている。

7月の食料品価格で最も値下がりしたのは玉葱のマイナス33.50%、ジャガイモはマイナス28.14%、トマトはマイナス27.65%、果物全般はマイナス5.55%、食肉はマイナス1.27%を記録している。

2017年度のIPCA指数2.95%は、連邦政府が容認しているインフレ中央目標値4.5%の±1.5%となる許容上限値6.0%~許容下限値3.0%を外れたために、今年1月に中銀のイラン・ゴールドファジン総裁は、メイレーレス財務相にインフレ指数が許容範囲を外れた理由を公式文書での説明を余儀なくされていた。

中銀の2018年のインフレ指数予想は、インフレ中央目標値4.5%をわずかに下回る4.11%を予想しているが、経済リセッション前の経済成長率達成には今後2年間を要すると予想している。昨年のGDP伸び率は1.0%、2016年及び2015年はマイナス3.5%を記録していた。(2018年8月8日付けUOLサイトより抜粋)

 



2019/02/20 » 今年1月の国庫庁の歳入は前年同期比マイナスを記録
2019/02/19 » 年金改革や公社民営化で今後10年間での経済効果は5,000億レアル相当か
2019/02/19 » 連邦政府は州政府救済措置発令で年金改革推進
2019/02/15 » ボルソナロ大統領は男女別年金受給最低年齢を承認
2019/02/15 » 今年初めのマクロ経済指数は弱含み
2019/02/13 » 年金受給最低年齢は女性57歳、男性62歳と大幅譲渡か
2019/02/12 » 2018年の製造業部門の40%はマイナス1.0%以上を記録
2019/02/12 » 国会議員の大半は年金改革支持
2019/02/11 » ロドリゴ・マイア下院議長は、年金改革支持で各州知事と交渉
2019/02/06 » サンパオロ州政府はケロシン向けICMS税25%を12%にカット
2019/02/04 » 2018年の鉱工業生産伸び率は前年比1.1%増加に留まる
2019/02/01 » 加入者並びに雇用主がそれぞれ8.5%拠出による貯蓄型個人年金制度検討
2019/02/01 » 2018年の失業率は非正規雇用増加が牽引して低下
2019/01/31 » サリン・マタール民営化長官はBB並びにCAIXA、ペトロブラス以外は全て民営化対象を示唆
2019/01/30 » 2018年の財政フライマリー収支赤字は1,200億レアルに留まる
2019/01/30 » ブラジル大使館のエルサレム移転はアラブ連合が一斉にボイコット警告
2019/01/29 » 2018年の対内直接投資は経常収支赤字の5倍以上を記録
2019/01/28 » 今年は公社民営化で753億レアルの臨時歳入を見込んでいる
2019/01/28 » 2018年の一般会計歳入総額は過去4年間で最高
2019/01/28 » 今年1月の一般消費者の景況感は改善

バックナンバー »