Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
7月のインフレ指数は0.33%に失速 2018/08/08

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2018年7月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、5月下旬から11日間継続したトラック運転手による国道封鎖ストライキの影響で、6月のインフレ指数の1.26%から僅か0.33%に留まっている。

今年7月の過去12カ月間のIPCA指数は、4.48%と6月の4.39%から上昇したにも関わらず、連邦政府が容認しているインフレ中央目標値4.5%を下回っている。また今年初め7か月間の累積インフレ指数は2.94%に留まっている。

今年7月のインフレ指数が0.33%に留まった要因として、住居費が1.54%、公共輸送費が0.49%とそれぞれ6月から大幅に減少した一方で、一般家庭の光熱費は5.33%と大幅に上昇している。

また5月下旬から11日間継続したトラック運転手による国道封鎖ストライキの影響で、6月のガソリン価格は、5.0%増加から7月は一転して1.01%に下落、前記同様にエタノール価格は4.22%からマイナス5.48%を記録、7月の燃料価格はマイナス1.80%を記録した一方で、都市バス運賃は1.46%、都市間バス運賃は8.70%とそれぞれ大幅な値上げ理を記録している。

7月の食料品・飲料価格は、6月の過去29カ月間で最高の2.03%の値上がりからマイナス0.12%を記録して、5月下旬発生のトラック運転手による国道封鎖ストライキの影響が薄れてきている。

7月の食料品価格で最も値下がりしたのは玉葱のマイナス33.50%、ジャガイモはマイナス28.14%、トマトはマイナス27.65%、果物全般はマイナス5.55%、食肉はマイナス1.27%を記録している。

2017年度のIPCA指数2.95%は、連邦政府が容認しているインフレ中央目標値4.5%の±1.5%となる許容上限値6.0%~許容下限値3.0%を外れたために、今年1月に中銀のイラン・ゴールドファジン総裁は、メイレーレス財務相にインフレ指数が許容範囲を外れた理由を公式文書での説明を余儀なくされていた。

中銀の2018年のインフレ指数予想は、インフレ中央目標値4.5%をわずかに下回る4.11%を予想しているが、経済リセッション前の経済成長率達成には今後2年間を要すると予想している。昨年のGDP伸び率は1.0%、2016年及び2015年はマイナス3.5%を記録していた。(2018年8月8日付けUOLサイトより抜粋)

 



2018/08/13 » 年金・恩給受給者が3,000万人突破
2018/08/10 » 連邦政府は15万件以上の不正年金支払い停止
2018/08/08 » 7月のインフレ指数は0.33%に失速
2018/08/07 » 今年の設備投資や公共投資などのFBCF部門も期待外れ
2018/08/07 » 今年の設備投資や公共投資などのFBCF部門も期待外れ
2018/08/02 » 2018年6月の鉱工業部門生産は前月比13.1%増加
2018/08/02 » 女性の上場企業経営審議会メンバーは僅か9.0%
2018/08/01 » 非正規雇用が全体の40.6%に上昇
2018/07/31 » コストブラジルは工業製品価格競争力を減殺
2018/07/31 » 食料品値上げでパウリスタの消費者景況感悪化
2018/07/30 » 今年上半期の財政プライマリー収支赤字は329億レアルに留まる
2018/07/30 » 労働組合ではすでに6,000人以上の従業員解雇
2018/07/25 » 今年上半期の労働組合とのサラリー調整は40%減少
2018/07/23 » 中道右派政党連合のアウキミン大統領候補支持で株価上昇
2018/07/23 » 今年6月の製造業部門生産はV字回復
2018/07/23 » 6月の正規雇用は今年初めてマイナスを記録
2018/07/17 » 5月の経済活動指数は前月比マイナス3.34%で世界金融危機以後では最悪
2018/07/12 » 地方統一選挙を前に与野党間で財政支出で攻防戦
2018/07/12 » >5月のサンパウロ州製造業部門生産は全国平均を上回るマイナス11.4%記録
2018/07/11 » ブラジル国内のスタートアップ企業の73%は10カ所の工業団地に集中

バックナンバー »