Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
減税政策の44%は監査コントロール野放し 2018/06/06

今年の減税政策や税制優遇政策導入による国庫庁の歳入減少は、2,848億レアルが予想されているにも関わらず、その44%は監査機関によるチェックが放置されていると連邦会計検査院(TCU)では指摘している。

連邦会計検査院(TCU)では、内閣官房に対して財政危機に対処するために、今後90日間以内に減税政策や税制優遇政策導入に対する監視体制強化を要請している。

今年の減税政策や税制優遇政策導入による歳入減少総額2,848億レアルの85%に相当する2,406億レアルは、減税対象期限が未定であり、また44%は監査機関が存在していないと連邦会計検査院では早急な改善を要請している。

今年の減税政策や税制優遇政策では、零細・小企業向け簡易税務申告制度(Simples Nacional)向け減税総額は807億レアルに達すると予想、次いで個人所得向け免税並びに減税は271億レアルが見込まれている。

またマナウスフリーゾーン向け減税政策並びに農畜産業向け減税政策は、それぞれ242億レアルの予想、非営利で社会貢献活動や公益活動を行うボランティア・市民団体などのNPO(民間非営利団体)で財団法人・社団法人・学校法人などの公益法人向け減税総額は、236億レアルが見込まれている。

社会保障院(INSS)納付金軽減策などの法人向け減税総額は174億レアル、労働者向け優遇税制による減税総額は148億レアル、その他の減税総額は714億レアルが見込まれている。

2006年の減税政策や税制優遇政策導入による減税総額は、GDP比3.33%に相当する777億レアルであったが、2009年にはGDP比3.65%の1,161億レアル、2013年はGDP比4.19%の2,233億レアル、2015年はGDP比4.62%の2,771億レアルと上昇を続けていた。

しかし2016年はGDP比4.32%に減少して2,709億レアルに留まったが、2017年は財政危機にも関わらず、GDP比4.19%の2,848億レアルと再び上昇傾向に転じている。(2018年6月6日付けエスタード紙)



2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当
2018/11/30 » ボルソナロ次期大統領のパル協定離脱発言で、EUメルコスールFTA協定が暗礁に
2018/11/30 » 今年8月~10月の月間平均失業率は11.7%に減少

バックナンバー »