Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年のGDP伸び率を軒並み下方修正 2018/06/05

昨日発表の中銀の最終フォーカスレポートによると、2018年のGDP伸び率は、前回予想の2.37%から2.18%に下方修正されて5週連続での下方修正を記録、今後も5月下旬から11日間継続したディーゼル燃料価格値下げ要請を発端とした、全国規模のトラック運転手の国道封鎖の抗議デモの影響が続けば、今年のGDP伸び率は2.0%を割る可能性も否定できない。

ブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、2018年第1四半期の正式な国内総生産(GDP)は前四半期比0.4%増加、経済リセッション期間の8四半期連続での減少から5四半期連続で増加して、景気回復基調となっていた。

今年第1四半期の農畜産部門のGDP伸び率は前四半期比1.4%増加、鉱工業部門は0.1%増加、サービス部門は0.1%増加、住宅投資、設備投資や公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)部門は0.6%増加、一般消費部門は0.5%増加、連邦政府支出部門はマイナス0.4%を記録している。

しかし全国規模のトラック運転手による国道封鎖の抗議デモの影響は、当分続くと予想されているために、J.P.Morgan社では、今年のGDP伸び率を前回予想の2.4%から1.2%と極端な下方修正を行っている。

またOxford Economics社も今年のGDP伸び率を前回予想の1.9%から1.6%に下方修正した一方で、元中銀総裁が率いるA.C.Pastore&Associados社では、今年のGDP伸び率は2.0%を下回ると危惧している。

J.P.Morgan社では、トラック運転手による国道封鎖の抗議デモは景気回復をされに遅らせる要因となって、今年のGDP伸び率を0.7ポイント下落に相当する悪影響を及ぼすと説明している。

Oxford Economics社では、トラック運転手による国道封鎖の抗議デモ発生前の5月中旬の今年のGDP伸び率を2.2%から1.9%に下方修正していたが、トラック運転手による国道封鎖の抗議デモ発生後は、さらに前回予想の1.9%から1.6%の下方修正を余儀なくされている。

トラック運転手による国道封鎖の抗議デモの後遺症、製造業部門の低い設備稼働、負債増加、不明確な工業政策、予断を許さない大統領選挙の行方、困難な構造改革実施など景気回復を後押しする要因が不透明で、企業経営者にとっては投資できない環境になっているとA.C.Pastore&Associados社のアフォンソ・セルソ・パストーレ社長は指摘している。(2018年6月5日付けヴァロール紙)



2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%
2018/12/03 » 今年第3四半期のGDP伸び率は0.8%増加
2018/12/03 » ブラジルのアングラ経済規模は南アフリカのGDP相当
2018/11/30 » ボルソナロ次期大統領のパル協定離脱発言で、EUメルコスールFTA協定が暗礁に
2018/11/30 » 今年8月~10月の月間平均失業率は11.7%に減少

バックナンバー »