Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2018年1月のインフレ指数は過去最低の0.29%に留まった 2018/02/09

昨日ブラジル地理統計院(IBGE)は、2018年1月のインフレ指数である広範囲消費者物価指数(IPCA)を発表、予想を大幅に下回る僅か0.29%に留まって統計を取り始めて以来では最低のインフレ指数を記録している。

今月7日に開催された今年初めての中銀の通貨政策委員会(Copom)では、全会一致で政策誘導金利 (Selic)を現在の7.0%から0.25%切下げて6.75%に決定、2016年10月のCopom会議から11回連続での切下げを記録して、切下げサイクルの終焉に見込まれていた。

しかし今年1月の広範囲消費者物価指数(IPCA)が僅か0.29%に留まったために、次回3月21日に開催されるCopom委員会では、Selic金利を更に0.25%切り下げて6.50%になる可能性が否定できなくなった。

今年1月の一般家庭では食料品並びに輸送向け公共料金支出を余儀なくされたが、今年1月の食品・飲料のインフレ指数は0.74%と前月の0.54%を0.2%増加、前記同様にガソリン価格は2.44%増加、輸送向け公共料金は1.10%増加している。

今年1月のガソリン価格の2.44%増加は、0.29%のインフレ指数の1/3に相当、また食品価格上昇のうちトマトは45.71%、ジャガイモも10.85%と二桁台の値上がりを記録していた。

しかし今年1月の一般家庭向け電力料金は4.73%値下がりしてインフレ指数の0.17%引下げに貢献した一方で、教育費は0.22%上昇、通信費も0.11%上昇している。(2018年2月9日付けエスタード紙)

 



2019/01/23 » 2019年のGDP伸び率は2.3%か
2019/01/22 » 年金改革で公務員のINSS負担金引上げか
2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%

バックナンバー »