Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
国庫庁はゴールデン・ルール遂行で2,086億レアル確保 2018/01/31

2017年の中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府の財政プライマリー収支は、予想を大幅に下回る1,244億レアルの赤字に留まった影響で、国庫庁では2018年のゴールデン・ルール達成のためには2,086億レアルの歳入確保が避けられない。

ゴールデン・ルールとは、景気循環を通じて連邦政府の借入れの目的を投資目的に限定し、公務員給与や年金・恩給向けなどの経常的経費を目的とする借入れを行わないとするものであり、国債発行は、発行額を規定した連邦基本法による裏付けを必要とし、その額は予算において見積もられている投資支出総額を超えてはならないと規定されている。

連邦政府は、昨年8月に2017年度の中央政府の財政プライマリー収支の許容赤字を前回の1,390億レアルから200億レアル上積みの1,590億レアル、2018年度の財政プライマリー収支の許容赤字を前回4月予想の1,290億レアルから300億レアル上積みの1,590億レアルで国会に提出していたにも関わらず、2017年の財政プライマリー収支赤字は1,244億レアルに留まった。

昨年の財政プライマリー収支赤字が1,244億レアルに留まった要因として、社会経済開発銀行による国庫庁に対する500億レアルの供与金を返済した。そのために2018年には財政プライマリー収支の288億レアルに達する赤字補填が可能となる。

2017年の連邦政府の公共投資支出は、GDP比0.69%に相当する457億レアルに留まって、2016年のGDP比1.04%から大幅に減少したと国庫庁のアナ・パウラ・ヴェスコヴィ長官は説明している。

ジウマ・ロウセフ政権時の2011年の中央政府の財政プライマリー収支は、930億レアルの黒字を計上、2012年861億レアル、2013年753億レアルの黒字を計上していた。

しかし経済リセッションに突入した2014年の財政プライマリー収支は、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ政権時の1997年の赤字計上以来17年ぶりの205億レアルの赤字を計上していた。

また翌年2015年の財政プライマリー収支は1,167億レアルの赤字に拡大、2016年1,595億レアルの赤字で記録更新していたが、2017年は1,244億レアルの赤字に縮小している。

社会経済開発銀行(BNDES)は、1月上旬に連邦政府に国庫庁からの1,300億レアルに達する供与金返済プログラムを提示、今年上半期に300億レアル、残り1,000億レアルは今年下半期に返済することで合意。またその他の支出見直しで483億レアルの支出削減が可能と国庫庁のアナ・パウラ・ヴェスコヴィ長官は説明している。(2018年1月30日付けヴァロール紙)



2018/08/16 » 今年第2四半期の経済活動指数(IBC-Br)はマイナス1.0%
2018/08/13 » 年金・恩給受給者が3,000万人突破
2018/08/10 » 連邦政府は15万件以上の不正年金支払い停止
2018/08/08 » 7月のインフレ指数は0.33%に失速
2018/08/07 » 今年の設備投資や公共投資などのFBCF部門も期待外れ
2018/08/02 » 2018年6月の鉱工業部門生産は前月比13.1%増加
2018/08/02 » 女性の上場企業経営審議会メンバーは僅か9.0%
2018/08/01 » 非正規雇用が全体の40.6%に上昇
2018/07/31 » コストブラジルは工業製品価格競争力を減殺
2018/07/31 » 食料品値上げでパウリスタの消費者景況感悪化
2018/07/30 » 今年上半期の財政プライマリー収支赤字は329億レアルに留まる
2018/07/30 » 労働組合ではすでに6,000人以上の従業員解雇
2018/07/25 » 今年上半期の労働組合とのサラリー調整は40%減少
2018/07/23 » 中道右派政党連合のアウキミン大統領候補支持で株価上昇
2018/07/23 » 今年6月の製造業部門生産はV字回復
2018/07/23 » 6月の正規雇用は今年初めてマイナスを記録
2018/07/17 » 5月の経済活動指数は前月比マイナス3.34%で世界金融危機以後では最悪
2018/07/12 » 地方統一選挙を前に与野党間で財政支出で攻防戦
2018/07/12 » >5月のサンパウロ州製造業部門生産は全国平均を上回るマイナス11.4%記録
2018/07/11 » ブラジル国内のスタートアップ企業の73%は10カ所の工業団地に集中

バックナンバー »