Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
国庫庁はゴールデン・ルール遂行で2,086億レアル確保 2018/01/31

2017年の中銀並びに国庫庁、社会保障院(INSS)で構成される中央政府の財政プライマリー収支は、予想を大幅に下回る1,244億レアルの赤字に留まった影響で、国庫庁では2018年のゴールデン・ルール達成のためには2,086億レアルの歳入確保が避けられない。

ゴールデン・ルールとは、景気循環を通じて連邦政府の借入れの目的を投資目的に限定し、公務員給与や年金・恩給向けなどの経常的経費を目的とする借入れを行わないとするものであり、国債発行は、発行額を規定した連邦基本法による裏付けを必要とし、その額は予算において見積もられている投資支出総額を超えてはならないと規定されている。

連邦政府は、昨年8月に2017年度の中央政府の財政プライマリー収支の許容赤字を前回の1,390億レアルから200億レアル上積みの1,590億レアル、2018年度の財政プライマリー収支の許容赤字を前回4月予想の1,290億レアルから300億レアル上積みの1,590億レアルで国会に提出していたにも関わらず、2017年の財政プライマリー収支赤字は1,244億レアルに留まった。

昨年の財政プライマリー収支赤字が1,244億レアルに留まった要因として、社会経済開発銀行による国庫庁に対する500億レアルの供与金を返済した。そのために2018年には財政プライマリー収支の288億レアルに達する赤字補填が可能となる。

2017年の連邦政府の公共投資支出は、GDP比0.69%に相当する457億レアルに留まって、2016年のGDP比1.04%から大幅に減少したと国庫庁のアナ・パウラ・ヴェスコヴィ長官は説明している。

ジウマ・ロウセフ政権時の2011年の中央政府の財政プライマリー収支は、930億レアルの黒字を計上、2012年861億レアル、2013年753億レアルの黒字を計上していた。

しかし経済リセッションに突入した2014年の財政プライマリー収支は、フェルナンド・エンリケ・カルドーゾ政権時の1997年の赤字計上以来17年ぶりの205億レアルの赤字を計上していた。

また翌年2015年の財政プライマリー収支は1,167億レアルの赤字に拡大、2016年1,595億レアルの赤字で記録更新していたが、2017年は1,244億レアルの赤字に縮小している。

社会経済開発銀行(BNDES)は、1月上旬に連邦政府に国庫庁からの1,300億レアルに達する供与金返済プログラムを提示、今年上半期に300億レアル、残り1,000億レアルは今年下半期に返済することで合意。またその他の支出見直しで483億レアルの支出削減が可能と国庫庁のアナ・パウラ・ヴェスコヴィ長官は説明している。(2018年1月30日付けヴァロール紙)



2019/01/23 » 2019年のGDP伸び率は2.3%か
2019/01/22 » 年金改革で公務員のINSS負担金引上げか
2019/01/21 » マクリ大統領は政権誕生時よりも貧困層拡大で幕引きか
2019/01/21 » 2018年の正規雇用は43万6,000人予想
2019/01/15 » 7,000件の環境ライセンス認可が停滞
2019/01/11 » 今年のラテンアメリカ経済はブラジルとコロンビアが牽引か
2019/01/10 » ブラジル鉄道施術建設公社(VALEC)並びに半導体製造CEITEC社を清算
2019/01/10 » 2018年11月の製造業部門生産は前月比0.1%増加
2018/12/21 » 今年11月の正規雇用は5万8,700人
2018/12/20 » ブラジル人の平均年金受給期間は21年に増加
2018/12/19 » 当選した州知事は年金改革実現で連結強化
2018/12/19 » アルゼンチン経済はリセッション入りが確定
2018/12/18 » 民間製造業部門は新政権への容易な対話に期待
2018/12/18 » 10月の経済活動指数(IBC-Br)は、前月比0.02%微増
2018/12/06 » 市役所は財政責任法(LRF)改正で人件費の規定枠超過可能
2018/12/06 » 昨年ブラジル国民197万人が貧困層に下落
2018/12/05 » ボウソナロ次期政権の年金・恩給改革案は二転三転か
2018/12/05 » 今年10月の製造業部門生産は前月比僅か0.2%増加に留まる
2018/12/04 » 年金改革実施でも2022年の対内債務残高はGDP比80%を突破
2018/12/04 » ブラジルの税負担率はGDP比32.43%

バックナンバー »