Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
新労働法は施行後の新たな労働契約のみ適用 2018/01/09

ブラジルの労働法は、世界で最も労働者に手厚い保護を70年以上に亘って継続していたにも関わらず、昨年11月11日から新労働法が施行されたが、施工後1か月も経たないうちに、早々に集団解雇を実施した企業に対して、管轄の労働組合は反対声明をだしている。

新労働法の改定項目は200項目以上に及んで勤務時間や勤務体系、休暇取得などについては労使間合意での柔軟な対応ができるようになり、また労働契約解除も容易となり、現行労働法には含まれていなかった在宅勤務なども可能となっている。

しかし上級労働裁判所(TST)の判事で構成される委員会では、新労働法が施行された11月11日以前の労働契約は、既得権利であって、新労働法の適用は11月11以降に締結された労働契約が対象と判断している。

11月11日以前の旧労働法では、雇用主が通勤のための移動手段を提供する場合は勤務時間とみなされていたが、新労働法では通勤時間は交通の手段を問わず、通勤時間には加算されないに変更されているが、上級労働裁判所(TST)では、新労働法の適用は11月11日以上の労働契約のみ有効としている。

また出張中の食費、交通費、宿泊費などが基本給の50%を超えた場合賃金とみなされていたが、新労働法では金額のいかんに関わらず基本給とみなされないが、上級労働裁判所(TST)では、新労働法の適用は11月11日以上の労働契約のみ有効としている。

10年以上勤務した労働者に対して、長期勤続に対する功労として基本給にプレミアムを付けていたが、新労働法では長期勤続に対する功労を廃止しているが、上級労働裁判所(TST)では、新労働法の適用は11月11日以上の労働契約のみ有効としている。(2018年1月9日付けエスタード紙)



2018/04/25 » 今年3月の歳入総額の増加率減少
2018/04/24 » 今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加
2018/04/23 » 第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正
2018/04/23 » 今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加
2018/04/19 » 今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向
2018/04/19 » 失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加
2018/04/18 » FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか
2018/04/17 » 経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明
2018/04/13 » 財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続
2018/04/13 » 過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か
2018/04/12 » 2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加
2018/04/10 » 格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ
2018/04/05 » 連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下
2018/04/04 » 年金ファンドの運用厳格化を義務付け
2018/04/04 » 今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる
2018/04/03 » 今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復
2018/04/02 » 日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索
2018/03/29 » 過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少
2018/03/28 » 今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字
2018/03/28 » 2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%

バックナンバー »