Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
テーメル大統領はゴールデン・ルールの見直しを先送り 2018/01/09

2018年の連邦政府の財政プライマリー収支は、社会経済開発銀行(BNDES)による国庫庁への1,000億レアルを上回る供与金返済で、目標の赤字範囲内で収めることができると予想されている。

しかし2019年度の連邦政府の財政プライマリー収支は、1,500億レアル~2,000億レアルの赤字補てんをするために、財政責任法に触れてテーメル大統領の罷免に繋がる可能性のあるゴールデン・ルール変更が与党内で検討されていた。

ゴールデン・ルールとは、景気循環を通じて、連邦政府の借入れの目的を投資目的に限定し、経常的経費を目的とする借入れを行わないとするものであり、国債発行は、発行額を規定した連邦基本法による裏付けを必要とし、その額は予算において見積もられている投資支出総額を超えてはならないと規定されている。

エンリケ・メーレーレス財務相は、2019年の財政プライマリー収支の目標赤字以内に収めるために、歳出調整メカニズムの検討を提示している一方で、ロドリゴ・マイア下院議長は、ゴールデン・ルール変更などの検討の先送りを主張している。

連邦政府では、2018年度の財政プライマリー収支の許容赤字1,590億レアルを達成するために、連邦公務員の給与調整の先延ばしや6万人に及ぶ公務員補充の停止、連邦公社の民営化や資産売却、インフラ整備プロジェクト入札などの臨時歳入だけではカバーできない。

2019年度の予算基本法は8月31日までに国会で承認されなければならないが、ゴールデン・ルールで唯一許可されている補足クレジット(Supplementary credit)も検討されていた。

リオ連邦大学のジョゼ・ルイス・オレイロ教授は、ゴールデン・ルール変更の議論は、社会経済開発銀行(BNDES)による国庫庁への負債返済を促すためのアドバルーンの可能性も否定していない。

BofA銀行エコノミストのDavid Beker氏は、2018年のブラジルの対内債務残高は、昨年のGDP比75.9%から81.0%と大幅に上昇すると予想、新興国では、南アフリカ並びにトルコと並んでブラジルの対内債務残高比率が高いと指摘している。(2018年1月9日付けエスタード紙)

 



2018/04/25 » 今年3月の歳入総額の増加率減少
2018/04/24 » 今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加
2018/04/23 » 第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正
2018/04/23 » 今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加
2018/04/19 » 今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向
2018/04/19 » 失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加
2018/04/18 » FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか
2018/04/17 » 経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明
2018/04/13 » 財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続
2018/04/13 » 過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か
2018/04/12 » 2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加
2018/04/10 » 格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ
2018/04/05 » 連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下
2018/04/04 » 年金ファンドの運用厳格化を義務付け
2018/04/04 » 今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる
2018/04/03 » 今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復
2018/04/02 » 日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索
2018/03/29 » 過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少
2018/03/28 » 今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字
2018/03/28 » 2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%

バックナンバー »