Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年11月の国庫庁の歳入総額は9.49%増加 2017/12/20

2017年11月の国庫庁の歳入総額は、前年同月比9.49%増加の1,150億8,900万レアルを記録、深刻な経済リセッションに陥っていた2015年11月の1,050億レアル、2016年11月の1,051億レアルを上回り、今年上半期からの経済回復傾向に伴って、2014年の1,269億4,300万レアル以降では大幅に改善している。

また今年初め11カ月間のインフレ指数を差引いた実質歳入総額は、前年同期比0.13%増加の1兆2,040億レアルを記録、昨年は企業側が税金を払えば利息と刑罰が軽減される制度である滞納税回収計画(Refis)の臨時歳入が470億レアルに達したにも関わらず、今年の実質歳入総額は昨年と同じ水準で推移している。

今年11月の滞納税回収計画(Refis)による臨時歳入は55億8,000万レアル、今年初め11カ月間のRefisによる臨時歳入は、217億5,500万レアルを記録している。

また今年11月の燃料関連の社会統合基金/社会保険融資納付金(PIS/COFINS)による歳入総額は、ガソリン並びにディーゼル燃料に対する納付金比率の引き上げで、前年同月比159.9%と大幅増加の27億5,800万レアルを記録している。

今年11月の金融機関の法人所得税(IRPJ)並びに純益に対する社会納付金(CSLL)による歳入は、昨年10月から継続する政策誘導金利(Selic)の引下に伴う収益減少で前年同月比41.32%減少の15億700万レアル、今年初め11カ月間では、12.82%減少の306億4,300万レアルに留まっている。(2017年12月20日付けヴァロール紙)



2018/04/25 » 今年3月の歳入総額の増加率減少
2018/04/24 » 今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加
2018/04/23 » 第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正
2018/04/23 » 今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加
2018/04/19 » 今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向
2018/04/19 » 失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加
2018/04/18 » FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか
2018/04/17 » 経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明
2018/04/13 » 財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続
2018/04/13 » 過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か
2018/04/12 » 2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加
2018/04/10 » 格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ
2018/04/05 » 連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下
2018/04/04 » 年金ファンドの運用厳格化を義務付け
2018/04/04 » 今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる
2018/04/03 » 今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復
2018/04/02 » 日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索
2018/03/29 » 過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少
2018/03/28 » 今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字
2018/03/28 » 2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%

バックナンバー »