Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ブラジルの人口の1/4は貧困層 2017/12/18

ブラジル地理統計院(IBGE)の社会指標統計によると、経済リセッション真っただ中の2016年の1日当たり5.5ドル以下(387.07レアル/月)での生活を余儀なくされているブラジル人は、人口の1/4に相当する5,216万8,000人に達していた。

また世界銀行が国際最貧困層レベルと認定している2016年のブラジル国内の1日当たりの生活費が1.9ドル以下(133.72レアル/月)の最貧困層は、人口の6.5%に相当する1,335万人に達しており、サンパウロ州の総人口1,210万人を上回っていた。

2014年のブラジル国内の1日当たりの生活費が1.9ドル以下(133.72レアル/月)の最貧困層は人口の3.66%であったが、2015年には4.34%に相当する893万9,000人に増加、2016年には人口の6.5%に相当する1,335万人まで増加して危惧されている。

2015年の最貧困層893万9,000人から2016年の1,335万人と1年間で19.33%に相当する350万人近く増加した要因として、継続していた高インフレ並びに貧困削減のためのボルサ・ファミリア・プログラム凍結が最貧困層の大幅増加に繋がっている。

ブラジル国内の地域別の貧困層並びに最貧困層比較では、北部地域の1日当たりの生活費が5.5ドル以下の貧困層は同地域の43.1%、北東部地域は43.5%とブラジル平均の25.4%を大幅に上回っている。

また北部地域の1日当たりの生活費が1.9ドル以下の最貧困層は同地域の11.2%、北東部地域は12.9%に相当する730万人、北部地域並びに北東部地域の最貧困層は、ブラジルの50%以上を占めて貧困生活を余儀なくされている。

ブラジルの14歳までの青少年の42.4%は、1日当たりの生活費が5.5ドル以下での生活を余儀なくされており、3年近く継続した深刻な経済リセッションの影響で青少年の失業率が大幅に増加、2014年の16歳~29歳の失業率は22.7%であったが、2016年には25.8%まで増加していた。

2016年のブラジルの総人口は2億530万人、1日当たりの生活費が5.5ドル以下は人口の25.4%、1日当たりの生活費が1.9ドル以下は6.5%を占めている。

前記同様に北東部地域は5,670万人、43.5%、12.9%、北部地域は1,740万人、43.1%、11.2%、南東部地域は8,630万人、15.9%、3.3%、中西部地域は1,550万人、17.0%、2.9%、南部地域は2,930万人、12.3%、2.4%となっている。(2017年12月16日付けエスタード紙)

 



2018/04/25 » 今年3月の歳入総額の増加率減少
2018/04/24 » 今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加
2018/04/23 » 第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正
2018/04/23 » 今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加
2018/04/19 » 今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向
2018/04/19 » 失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加
2018/04/18 » FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか
2018/04/17 » 経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明
2018/04/13 » 財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続
2018/04/13 » 過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か
2018/04/12 » 2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加
2018/04/10 » 格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ
2018/04/05 » 連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下
2018/04/04 » 年金ファンドの運用厳格化を義務付け
2018/04/04 » 今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる
2018/04/03 » 今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復
2018/04/02 » 日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索
2018/03/29 » 過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少
2018/03/28 » 今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字
2018/03/28 » 2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%

バックナンバー »