Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年第3四半期のGDP伸び率は前四半期比0.3%増加予想 2017/11/30

Valor Data社の26金融機関対象の国内総生産(GDP)伸び率調査によると、2017年第3四半期のGDP伸び率は、一般消費部門並びに投資部門が牽引して前四半期比0.3%増加を予想している。

今年第3四半期のGDP伸び率は前年同期比1.3%増加、今年第2四半期のGDP伸び率は前四半期比0.2%増加、前年同期比0.3%増加して経済リセッションから経済回復サイクルに突入している。

2017年第3四半期のセクター別GDP伸び率比較では、一般消費が0.3%増加、第2四半期の一般消費は、勤続期間保障基金(FGTS)に積み立てられた凍結預金の引き出しが今年3月10日から開始、7月31日迄継続したことが要因となって1.4%と大幅に増加、今年は0.9%増加が予想されている。

また今年第3四半期の連邦政府の支出セクターのGDP伸び率は0.4%増加、第2四半期はマイナス0.9%、今年はマイナス1.8%予想。前記同様に宅投資並びに設備投資、公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)は1.5%増加、マイナス0.7%、マイナス2.5%が予想されている。

輸出セクターは2.9%増加、0.5%増加、5.8%増加、輸入セクターは4.4%増加、マイナス3.5%、3.6%増加、農畜産セクターは1.0%増加、マイナス0.5%、11.9%増加、鉱工業セクターは1.0%増加、マイナス0.5%、増減なし、サービスセクターは0.6%増加、0.6%増加、0.1%増加がそれぞれ予想されている。(2017年11月30日付けヴァロール紙)

 



2020/11/23 » 今年の財政プライマリー収支赤字を8,440億レアルに下方修正(2020年11月20日付けヴァロール紙)
2020/11/23 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月23日付けヴァロール紙)
2020/11/20 » FGVは第3四半期のGDP伸び率7.5%増加予想(2020年11月19日付けヴァロール紙)
2020/11/17 » 11月の企業経営者景況感指数(ICE)は前月比0.9ポイント減少(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 9月の経済活動指数(IBC-Br)は前月比1.29%増加(2020年11月13日付けヴァロール紙)
2020/11/16 » 今年のインフレ指数を3.25%に上方修正(2020年11月16日付けヴァロール紙)
2020/11/13 » 9月のサービス業部門の生産性指標は前月比1.8%増加(2020年11月12日付けエスタード紙)
2020/11/13 » 10月の段ボール箱生産は36万2,100トンで記録更新(2020年11月12日付けヴァロール紙)
2020/11/12 » 半額の300レアルへの緊急補助金支給で9月の貧困層が増加(2020年11月11日付けヴァロール紙)
2020/11/11 » 9月の鉱工業生産はCOVID-19パンデミック前の水準に戻る(2020年11月10日付けエスタード紙)
2020/11/11 » ゲーデス経済相は来年中にエレトロブラスと郵便公社を民営化(2020年11月10日付けヴァロール紙)
2020/11/10 » COVID-19は女性の正規雇用を剥奪(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/09 » フォーカスレポートは今年及び来年のインフレを上方修正(2020年11月9日付けヴァロール紙)
2020/11/05 » 9月の鉱工業部門生産は5ヶ月連続で前月比2.6%増加(2020年11月4日付けエスタード紙/IBGEサイトから抜粋)
2020/11/04 » ホームオフィス労働形態は地方都市への住居移転を促す(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/11/03 » 今年6月~8月の平均失業率は14.4%に達してワースト記録更新(2020年10月30日付けIBGEサイトより抜粋)
2020/11/03 » 今年のGDP伸び率はマイナス4.81%に据置(2020年11月3日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 今年第3四半期決算でヴァーレ社は黒字、ペトロブラスは赤字計上(2020年10月29日付けヴァロール紙)
2020/10/30 » 9月の財政プライマリー収支は761億レアルの赤字記録(2020年10月29日付けエスタード紙)
2020/10/30 » 9月の正規雇用は31万3,000人増加(2020年10月29日付けエスタード紙)

バックナンバー »