Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2017年10月のインフレ指数は電気料金並びにプロパンガス値上げが牽引 2017/11/13

2017年10月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、電力エネルギー料金並びに家庭用プロパンガスの値上げが牽引して、9月の0.16%から0.42%と約3倍のインフレ指数を記録している。

11月10日のブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、今年初め10カ月間の累計広範囲消費者物価指数(IPCA)は、僅か2.21%に留まって1998年以降では最低のインフレ指数を記録している。

12月の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、現在の7.25%の政策誘導金利 (Selic)を0.25%切下げて7.0%、来年2月にも続けてSelic金利切下げをModal Assent Management社エコノミストのダニエル・ゴメス・ダ・シルヴァ氏は予想している。

また10月のインフレ指数が予想範囲に収まったために、来年2月末の政策誘導金利 は6.75%まで切り下げられるとQuantitas Assent Management社チーフエコノミストのイヴォ・チェルモント氏は予想している。

10月の電力エネルギー料金並びに家庭用プロパンガスの値上げは、IPCA指数を0.17%引き上げる要因となっているが、10月の電力エネルギー料金は3.28%、プロパンガスは4.49%それぞれ値上がりした。

10月のペトロブラス石油公社の製油所のプロパンガスの卸売価格は12.9%値上がり、今年初め10カ月間では61.96%値上がりしているが、一般消費者への最終価格は12.98%の値上がりに留まっている。

今年9月の食料品・飲料価格はマイナス0.41%であったが、10月はマイナス0.05%、前記同様に住居費はマイナス0.12%、1.33%増加、家庭用品は0.13%増加、マイナス0.39%、衣類0.28%増加、0.71%増加、交通費0.79%増加、0.49%増加、健康保険・医療費0.32%増加、0.52%増加、身の回り品0.56%増加、0.32%増加、教育費0.04%増加、0.06%増加、通信費0.50%増加、0.40%増加となっている。(2017年11月11日付けエスタード紙)

 



2018/04/23 » 第1四半期のGDP伸び率を0.7%から0.5%に下方修正
2018/04/23 » 今年初め3ヵ月間の正規雇用は連続して増加
2018/04/19 » 今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向
2018/04/19 » 失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加
2018/04/18 » FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか
2018/04/17 » 経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明
2018/04/13 » 財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続
2018/04/13 » 過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か
2018/04/12 » 2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加
2018/04/10 » 格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ
2018/04/05 » 連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下
2018/04/04 » 年金ファンドの運用厳格化を義務付け
2018/04/04 » 今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる
2018/04/03 » 今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復
2018/04/02 » 日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索
2018/03/29 » 過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少
2018/03/28 » 今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字
2018/03/28 » 2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%
2018/03/27 » 組合加入費の支払い義務終了で労働組合の収入は80%減少
2018/03/27 » 中国資本フォースンがブラジルでポートフォーリオ拡大

バックナンバー »