Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2017年10月のインフレ指数は電気料金並びにプロパンガス値上げが牽引 2017/11/13

2017年10月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は、電力エネルギー料金並びに家庭用プロパンガスの値上げが牽引して、9月の0.16%から0.42%と約3倍のインフレ指数を記録している。

11月10日のブラジル地理統計院(IBGE)の発表によると、今年初め10カ月間の累計広範囲消費者物価指数(IPCA)は、僅か2.21%に留まって1998年以降では最低のインフレ指数を記録している。

12月の中銀の通貨政策委員会(Copom)では、現在の7.25%の政策誘導金利 (Selic)を0.25%切下げて7.0%、来年2月にも続けてSelic金利切下げをModal Assent Management社エコノミストのダニエル・ゴメス・ダ・シルヴァ氏は予想している。

また10月のインフレ指数が予想範囲に収まったために、来年2月末の政策誘導金利 は6.75%まで切り下げられるとQuantitas Assent Management社チーフエコノミストのイヴォ・チェルモント氏は予想している。

10月の電力エネルギー料金並びに家庭用プロパンガスの値上げは、IPCA指数を0.17%引き上げる要因となっているが、10月の電力エネルギー料金は3.28%、プロパンガスは4.49%それぞれ値上がりした。

10月のペトロブラス石油公社の製油所のプロパンガスの卸売価格は12.9%値上がり、今年初め10カ月間では61.96%値上がりしているが、一般消費者への最終価格は12.98%の値上がりに留まっている。

今年9月の食料品・飲料価格はマイナス0.41%であったが、10月はマイナス0.05%、前記同様に住居費はマイナス0.12%、1.33%増加、家庭用品は0.13%増加、マイナス0.39%、衣類0.28%増加、0.71%増加、交通費0.79%増加、0.49%増加、健康保険・医療費0.32%増加、0.52%増加、身の回り品0.56%増加、0.32%増加、教育費0.04%増加、0.06%増加、通信費0.50%増加、0.40%増加となっている。(2017年11月11日付けエスタード紙)

 



2018/07/17 » 5月の経済活動指数は前月比マイナス3.34%で世界金融危機以後では最悪
2018/07/12 » 地方統一選挙を前に与野党間で財政支出で攻防戦
2018/07/12 » >5月のサンパウロ州製造業部門生産は全国平均を上回るマイナス11.4%記録
2018/07/11 » ブラジル国内のスタートアップ企業の73%は10カ所の工業団地に集中
2018/07/05 » 今年5月の製造業部門生産は10.9%下落
2018/07/04 » 2018年5月の製造業部門生産は14.0%下落予想
2018/07/02 » 就職活動停止拡大で失業率低下
2018/06/29 » 2018年5月の財政プライマリー収支は110億レアルの赤字に留まる
2018/06/29 » 中銀は今年のGDP伸び率を2.6%から1.6%と大幅な下方修正発表
2018/06/27 » 2018年初め5か月間の歳入総額は取締強化で前年同期比7.8%増加
2018/06/27 » 5月のトラック運転手によるデモによる生産低下は世界金融危機時を上回った
2018/06/26 » 今年初め5か月間の労働訴訟は74%下落
2018/06/25 » 今年初め5か月間の正規雇用の87%は零細・小企業
2018/06/25 » 2017年の製造業部門が占めるGDP比率は僅か11.8%
2018/06/11 » 非正規雇用の実質賃金は10%近く減少
2018/06/07 » トラック運転手抗議デモ終息後も産業界は抵抗
2018/06/06 » 減税政策の44%は監査コントロール野放し
2018/06/06 » 4月の鉱工業部門生産は前月比0.8%増加も5月は一転して大幅下落か
2018/06/05 » 今年のGDP伸び率を軒並み下方修正
2018/06/04 » 新労働法施行6カ月後の労働組合収入88%減少

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

【会議所 トピックス】

 

「ブラジル労働法のポイント」
(表紙クリックで内容表示)

 

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー