Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
経済防衛管理審議会は、リオ州インフラプロジェクトカルテルで調査開始 2017/10/11

ラヴァ・ジャット作戦汚職問題で摘発された大手ゼネコン企業などを対象に、主にリオ州政府関連のインフラプロジェクトのカルテル疑惑で、日本の公正取引委員会に相当する経済防衛行政審議会(Cade)では、調査委員会を設置している。

リオ州政府関連インフラプロジェクトのカルテル疑惑は、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題で摘発されたCarioca Engenharia社の司法取引による報償付証言に基づいている。

また経済防衛行政審議会(Cade)が設置した調査委員会には、連邦検察庁(MPF)及び連邦警察による今年8月に調査開始された「リオ40度‐Rio 40 Graus」と命名された捜査情報も参考にされている。

Carioca Engenharia社以外にもゼネコン大手企業のアンドラーデ・グッチエレス社並びにケイロース・ガルボン社、オデブレヒト社、OAS社のカルテル形成が摘発されており、またカマルゴ・コレア社並びにContern社、 Delta Construções社もカルテル参加の疑惑が持たれている。

経済防衛行政審議会(Cade)では、2009年~2014年にかけて、オリンピックを控えてリオ州の都市交通整備プロジェクトであるTranscarioca 並びにTransbrasil 、Transoesteの入札時のカルテル形成疑惑が捜査ターゲットにしている。

これらの都市交通インフラ整備向けプロジェクトでは、落札額や落札業者選定などの疑惑があり、カルテル形成が確定したゼネコン企業に対しては、最高で売り上げの20%に相当する罰金が言い渡される。

経済防衛行政審議会(Cade)では、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題の発覚当初から10社以上のゼネコン企業から司法取引による報償付証言を得ており、初めの報償付証言で合意したのは、ペトロブラス石油公社関連工事のカルテル疑惑で摘発されたSetal/SOG社であった。

またカマルゴ・コレア社との間では、原子力発電所アングラ3号並びにブラジル鉄道施術建設公社(Valec社)の入札問題で、司法取引による報償付証言で合意していた経緯があった。

その他の司法取引による報償付証言として、アンドラーデ・グッチエレス社のベロ・モンテ水力発電所やリオ州の貧民窟向け都市整備プロジェクト、ワールドカップ向けサッカースタジアム建設、リオ市環境整備局向けの入札が挙げられている。

OAS社の司法取引による報償付証言として、リオ市の都市環状道路建設(Arco Metropolitano)並びにブラジルア連邦直轄地の都市交通整備事業が指摘されている。(2017年10月11日付けエスタード紙)

 



2018/06/11 » 非正規雇用の実質賃金は10%近く減少
2018/06/07 » トラック運転手抗議デモ終息後も産業界は抵抗
2018/06/06 » 減税政策の44%は監査コントロール野放し
2018/06/06 » 4月の鉱工業部門生産は前月比0.8%増加も5月は一転して大幅下落か
2018/06/05 » 今年のGDP伸び率を軒並み下方修正
2018/06/04 » 新労働法施行6カ月後の労働組合収入88%減少
2018/05/30 » 2018年第1四半期のGDP伸び率は前四半期比0.4%増加
2018/05/30 » 今年2月~4月の月間平均失業率12.9%は前年同期比0.7%と大幅増加
2018/05/29 » 2018年4月の国庫庁の歳入総額は前年同月比7.83%増加
2018/05/28 » 経済防衛行政審議会(Cade)では寡占化向け企業買収の審査強化
2018/05/28 » 韓国メルコスール貿易協定交渉開始セレモニー開催
2018/05/28 » 道路封鎖ストライキ終結に向けて連邦政府は大幅譲渡
2018/05/28 » 道路封鎖ストライキで第2四半期のGDP伸び率は悪化
2018/05/24 » 3日間の抗議デモでペトロブラスはディーゼル燃料価格を10%値下げ
2018/05/24 » 28セクターに対してINSS納付率免税措置を継続
2018/05/23 » トラック運転手の国道封鎖による抗議デモは自動車業界や食品業界を直撃
2018/05/23 » 厚生省は糖分過剰摂取に対する警告ラベル使用義務化
2018/05/22 » ディーゼル価格高騰で全国のトラック運転手が抗議デモ
2018/05/21 » 青年層の失業率が28.1%に達している。
2018/05/17 » 今年3月の経済活動指数(IBC-Br)は期待外れのマイナス0.74%

バックナンバー »