Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
2,000以上の市町村は財政責任法を果たしていない 2017/08/11

地方統一選挙が行われて今後4年間の市政を担う市長選挙が2016年10月に実施されたが、ブラジル全国5,500都市のうち2,000都市以上が財政責任法(LRF)を果たしていないとリオ工業連盟(Firjan)の調査で判明している。

連邦政府の国庫局(STN)の統計によると、2016年の市町村の赤字総額は63億レアルに達して、2017年から4年間の市政を担う新しい市長は、前市長が残した財政赤字の解消を余儀なくされている。

2016年の国庫局(STN)に財政収支バランスを提出した市町村は4,544都市に留まっており、1,000都市以上は、財政収支バランスを提出していないか財政収支バランスの不備を指摘されている。

リオ工業連盟(Firjan)の発表によると、各都市の財政状況を判断するリオ工業連盟指数(IFGF)を用いた調査では、2016年に市町村の財政が健全であったのは全体の僅か0.3%にしか過ぎない。

2016年に市町村の財政収支が合格圏内に達しているのは全体の13.8%であったが、市役所の財政収支が悪いのは57.5%、市役所の財政収支が危機的な状況にあるのは28.4%に達している。

またブラジル全国の市町村の12.7%に相当する575都市では、財政責任法(LRF)の支出総額の60%までに制限されている市役所職員の給与総額が限度の60%を超えていた。

2014 年12 月31 日までにブラジル居住者で海外に保有していた資産に対して、適用される2016年1月14日公布の法律13.254号/2016の為替及び税務規制特別制度(RERCT)はレパトリアソン法と呼ばれ、2016年の国庫庁には500億レアル以上の臨時歳入となって地方政府(州・市)にも交付されたが、市役所向けのレパトリアソンの交付金がなければ市役所職員の給与総額が限度の60%を超えていた市は871都市に達していた。

また2016年の国庫局(STN)に財政収支バランスを提出した4,544都市のうち82%は、市役所の歳出総額の20%未満の歳入総額に留まっており、北東部地域の都市の93.2%に達している。北部地域では州都のボア・ヴィスタ市並びにマカパ市がこれに該当している。

国庫局(STN)に財政収支バランスを提出した4,544都市のうち最も財政が健全であったのはサンパウロ州のGavião Peixoto市、セアラー州 São Gonçalo do Amarante 市、サンタ・カタリーナ州Bombinhas 市、サンパウロ州São Pedro市、 サンタ・カタリーナ州Balneario Camboriu市であった。

人口が4700人のサンパウロ州Gavião Peixoto市には、エンブラエル社の最終工程を担う工場があり、昨年のGavião Peixoto市の歳入総額は3,300万レアルを記録、サンパウロ州内の同じ人口規模のミラソランジア市の1,400万レアル、ジューリオ・メスキッタ市の1,500万レアルの2倍以上の歳入があるために、教育や保健衛生などの基本公共サービスが充実している。

一方最も財政が不健全な都市としてペルナンブーコ州Riachão do Bacamarte市は最悪、 サンタ・カタリーナ州Calmon市、 ペルナンブーコ州Maraial市、 ペルナンブーコ州Parnamirim市、 パラー州Obidos市が挙げられている。(2017年8月11日付けエスタード紙)



2017/08/17 » 2023年の連邦政府の対内公的債務残高はGDP比92%突破か
2017/08/17 » 6月のサービス部門のGDP伸び率は1.3%増加
2017/08/16 » 今年及び来年の財政プライマリー収支許容赤字を1,590億レアルに引上げ
2017/08/16 » S&Pはブラジルの外貨・自国通貨建ての長期格付けをBBに据置
2017/08/15 » 連邦政府は国家公務員の年金納付金引上げ検討
2017/08/11 » 2,000以上の市町村は財政責任法を果たしていない
2017/08/09 » 今年6月のサンパウロ州の製造業部門は3カ月連続で増加
2017/08/04 » 今後10年間で200万人の公務員が年金受給開始
2017/08/03 » 2回目のレパトリアソン法による臨時歳入は僅か170億レアル
2017/08/02 » 今年上半期の鉱工業部門生産は前年同期比0.5%増加
2017/07/25 » 連邦政府は行政職員対象に希望退職制度導入
2017/07/25 » 年内の年金・恩給改革ができなければ186億レアルの歳出
2017/07/24 » 「中南米日系社会との連携調査団」との意見交換会開催
2017/07/20 » 6月の国庫庁の実質歳入総額は3.0%増加
2017/07/19 » 2回目のレパトリアソン法による歳入は予想を大幅に下回っている
2017/07/18 » 今年上半期の正規雇用は6万7,300人増加
2017/07/14 » 2018年度の財政プライマリー収支は1,290億レアルの赤字承認
2017/07/12 » 労働法改正案が上院で承認
2017/07/10 » 義務的公共サービス提供のために裁量的支出を387億レアルカット
2017/07/06 » 社会保障院関連減税政策見直は2018年1月に先送り

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

初めての日本語による2017年上期税制変更セミナーは大評判裏に終了

●投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

●ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

●ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー