Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
テメル大統領の不正疑惑テープ発覚でブラジル企業株価は10%以上下落 2017/05/18

テメル大統領が前下院議長のエドゥアルド・クーニャ被告への黙秘に対する支払いを承認する様子を密かに録音したテープを大手食肉加工会社JBS社の幹部2人が最高裁判所に提出したとの「O Globo」紙の報道を受けて、政界は蜂の巣を突っついたような騒ぎに陥っている。

労働法改案の下院での承認、年金・恩給改革案など月内の下院議会承認に対する政治工作進展で国内外の投資家の信頼回復傾向で、サンパウロ平均株価の上昇やドル安の為替が続いていた。また予想されていた5月末の政策誘導金利引下げ予想から一転して、株価の下落やドル高の為替など今後の政治経済の混乱が予想されている。

このO Globo」紙の報道を受けて、昨日のニューヨーク証券取引所米国預託証券(ADR)のPetrobras ONの株価は110.8%下落、AmBev ON は10.11%、Itau Unibanco ON は7.42%、Gerdau ON は7.21%、Vale ONは7.14%、 Santander Brasil Unit は4.98%、Embraer ONは4.97%とそれぞれ下落している。

またシカゴIMM通貨先物でも昨日の午後10時30分の6月のレアル通貨先物取引では5.33%下落したが、テメル大統領の黙秘依頼テープ報道前の昨日のブラジルのレアル通貨の終値は1.23%減少のR$3.134に留まっていた。

昨日のニューヨーク証券取引所のブラジルの代表企業の米国預託証券(ADR)の一連の下落からサンパウロ証券取引所では株式市場や先物取引において価格が一定以上の変動を起こした場合に、強制的に取引を止めるサーキットブレーカー制度(Circuit Breaker)発動の可能性が予想されている。

最近のサンパウロ平均株価(Ibovespa)は、6万8、000ポイントに接近していたが、テメル政権の先行き不透明感上昇で6万ポイントを割る可能性があるとQuantitas ファンドのWagner Salaverry取締役は予想している。(2017年5月18日付けヴァロール紙)

 



2018/04/19 » 今年初め2カ月間の設備や公共投資は減速傾向
2018/04/19 » 失業率増加、実質収入減少で男性の家事手伝い増加
2018/04/18 » FiespではEUメルコスール経済連携協定締結を視野に入れたか
2018/04/17 » 経済回復減速で益々大統領選挙の行方が不透明
2018/04/13 » 財政プライマリー収支赤字は2021年まで継続
2018/04/13 » 過去5年間の農村年金の不正支給総額は30億レアル以上か
2018/04/12 » 2017年のブラジルの最貧困層は11.2%増加の1,480万人に増加
2018/04/10 » 格付け会社ムーディーズがブラジルの格付け見通しを「安定的」に引上げ
2018/04/05 » 連邦最高裁判所はルーラ元大統領の人身保護令却下
2018/04/04 » 年金ファンドの運用厳格化を義務付け
2018/04/04 » 今年2月の鉱工業生産は予想を大幅に下回る僅か0.2%増加に留まる
2018/04/03 » 今年2月の鉱工業部門生産は緩やかな回復
2018/04/02 » 日本進出企業はEUメルコスールEPAよりも早い締結を模索
2018/03/29 » 過去8年間で病院ベッド数は3万1,400床減少
2018/03/28 » 今年初め2カ月間の中央政府の財政プライマリー収支は118億レアル黒字
2018/03/28 » 2017年の国民租税負担率はGDP比32.36%
2018/03/27 » 組合加入費の支払い義務終了で労働組合の収入は80%減少
2018/03/27 » 中国資本フォースンがブラジルでポートフォーリオ拡大
2018/03/26 » 今年初め2カ月間の正規雇用は過去4年間で最高
2018/03/23 » 今年初め2カ月間の歳入総額は11.8%増加

バックナンバー »