Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
ムーディーズはブラジルの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更 2017/03/16

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ブラジルが経済リセッションからの脱出並びにインフレの落ち着きなどの要因で、昨日ブラジルの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げた。

ムーディーズ社は昨年2月にブラジルの格付けをジャンク級(投機的等級)となる「Ba2」に2段階引き下げ、格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に、主要格付け機関3社のブラジル格付けはすべて投機的等級となっていた。

ムーディーズ社がブラジルの格付け見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げた要因として、2年以上続いたブラジル経済のリセッションからの回復による安定化、テーメル政権による財政再建政策の発表、年金改革や労働法・税法改正などの構造改革の実施に向けた取組が評価されている。

またペトロブラス石油公社や連邦政府関連公社による負債削減のための資産売却などの取組、予想を上回るインフレ指数の減少が挙げられているが、依然としてソブリン格付けは「Ba2(ジャンク級)」に据置かれている。

ムーディーズ社では、今年のブラジルのGDP伸び率は0.5% ~1.0%増加を予想、2018年のGDP伸び率は1.5%増加を予想、2018年以降のGDP伸び率は2.0%~3.0%増加と安定したGDP伸び率を予想している。

しかしブラジルのマクロ経済の改善予想にも関わらず、今年のブラジルの財政プライマリー収支赤字は、昨年並みのGDP比マイナス2.7%に達すると予想、昨年の対内債務残高はGDP比70%近くが予想されているが、2019年にはGDP比80%に達すると予想している。(2017年3月16日付けエスタード紙)

 



2018/05/22 » ディーゼル価格高騰で全国のトラック運転手が抗議デモ
2018/05/21 » 青年層の失業率が28.1%に達している。
2018/05/17 » 今年3月の経済活動指数(IBC-Br)は期待外れのマイナス0.74%
2018/05/16 » 国庫庁では滞納税回収計画(Refis)は脱税温床で捜査対象
2018/05/16 » 2018年3月のサービス部門伸び率は前月比マイナス0.2%
2018/05/15 » Green Economyはブラジル国内での雇用創生拡大
2018/05/14 » 企業経営者組合も新労働法施行で80%以上の収入減少
2018/05/10 » 各州政府公務員年金・恩給支給が州政府財政を圧迫
2018/05/10 » 昨年は90万人がAクラス並びにBクラスから転落
2018/05/09 » ブラジル外務省はアジア諸国との貿易協定締結でミッション派遣
2018/05/08 » 今年第1四半期のFBCFは僅か0.3%増加
2018/05/04 » 組合加入費支払い義務終了に伴って労働組合収入80%減少で壊滅的ダメージ
2018/05/04 » 今年3月の鉱工業生産は予想以下に留まる
2018/05/03 » 米国のブラジル製鉄鋼製品に対する輸入制限は強烈なダメージ
2018/05/02 » 2018年第1四半期の月間平均失業率は13.1%に上昇
2018/04/27 » 連邦政府はヴェネズエラ政府やモザンビーク政府の債務不履行カバーか
2018/04/26 » 2018年3月の経常収支は7億9,800万ドルの黒字計上
2018/04/26 » 2018年第1四半期の財政プライマリー収支赤字は記録更新
2018/04/25 » 今年3月の歳入総額の増加率減少
2018/04/24 » 今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加

バックナンバー »