Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
今年2月のインフレ指数は0.33%に留まって2000年以降では最低記録 2017/03/13

ブラジル地理統計院(IBGE)の調査では、2017年2月のインフレ指数の広範囲消費者物価指数(IPCA)は0.33%に留まり、2月としては2000年以降で最低のインフレ指数を記録している。

ブロードキャスト・プロジェクションによる34金融機関対象の今年の広範囲消費者物価指数(IPCA)調査では、5金融機関では今年のインフレ指数は4.0%を下回ると予想、25金融機関では4.0%~4.5%を予想、4金融機関では連邦政府の中央目標値4.5%を上回ると予想、今年のインフレ指数の予想幅は3.70%~4.80%、平均インフレ指数は4.20%であった。

先週の中銀の最終フォーカスレポートによると、今年の広範囲消費者物価指数(IPCA)は4.36%、2月のインフレ指数が予想を上回った影響で、4月11日及び12日に開催される中銀の通貨政策委員会(Copom)では、27金融機関では政策誘導金利 (Selic)を1.0%切り下げられると予想、6金融機関は0.75%切下げを予想、年末のSelic金利は8.0%~10.0%になると予想されている。

AZ Quest社エコノミストのアンドレ・ムレル氏は、電力エネルギー価格及びに為替の影響で、現在のSelic金利12.25%は2回連続での1.0%切り下げを予想、今年のIPCA指数は4.15%を予想している。

2月の一般家庭の食料品価格は0.75%減少した一方で外食費は0.11%上昇、教育費は5.04%増加、インフレ指数は第3四半期まで連続して上昇すると応用経済研究院(Ipea)のマリア・アンドレア・ラメイラス氏は予想している。

今年1月の広範囲消費者物価指数(IPCA)は0.38%、2月は0.33%、前記同様に食料品・飲料は0.35%、マイナス0.45%、住居費0.17%、0.24%、家庭用品マイナス0.10%、0.18%、衣類マイナス0.36%、マイナス0.13%、交通費0.77%、0.24%、医療・保険0.55%、0.65%、所持品・装飾品0.45%、0.31%、教育費0.29%、5.04%、通信費0.63%、0.66%となっている。(2017年3月11日付けエスタード紙)



2018/05/22 » ディーゼル価格高騰で全国のトラック運転手が抗議デモ
2018/05/21 » 青年層の失業率が28.1%に達している。
2018/05/17 » 今年3月の経済活動指数(IBC-Br)は期待外れのマイナス0.74%
2018/05/16 » 国庫庁では滞納税回収計画(Refis)は脱税温床で捜査対象
2018/05/16 » 2018年3月のサービス部門伸び率は前月比マイナス0.2%
2018/05/15 » Green Economyはブラジル国内での雇用創生拡大
2018/05/14 » 企業経営者組合も新労働法施行で80%以上の収入減少
2018/05/10 » 各州政府公務員年金・恩給支給が州政府財政を圧迫
2018/05/10 » 昨年は90万人がAクラス並びにBクラスから転落
2018/05/09 » ブラジル外務省はアジア諸国との貿易協定締結でミッション派遣
2018/05/08 » 今年第1四半期のFBCFは僅か0.3%増加
2018/05/04 » 組合加入費支払い義務終了に伴って労働組合収入80%減少で壊滅的ダメージ
2018/05/04 » 今年3月の鉱工業生産は予想以下に留まる
2018/05/03 » 米国のブラジル製鉄鋼製品に対する輸入制限は強烈なダメージ
2018/05/02 » 2018年第1四半期の月間平均失業率は13.1%に上昇
2018/04/27 » 連邦政府はヴェネズエラ政府やモザンビーク政府の債務不履行カバーか
2018/04/26 » 2018年3月の経常収支は7億9,800万ドルの黒字計上
2018/04/26 » 2018年第1四半期の財政プライマリー収支赤字は記録更新
2018/04/25 » 今年3月の歳入総額の増加率減少
2018/04/24 » 今年3月の製造業部門の生産性並びに在庫増加

バックナンバー »