Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
過去2年間のGDP伸び率はマイナス7.2%で未曽有のリセッションを記録 2017/03/08

2016年のGDP伸び率はマイナス3.6%、2015年のGDP伸び率はマイナス3.8%、過去2年間のGDP伸び率は、マイナス7.2%となってブラジル地理統計院(IBGE)が統計を取り始めた1948年以降では最悪の経済リセッションを記録、2016年末の国内総生産総額は、2010年第3四半期のレベルまで低下している。

今回の経済リセッションが始まった2014年第2四半期~2016年末までのGDP伸び率は、マイナス9.0%を記録した一方でこの間の人口は0.9%増加したために、一人当たりのGDP伸び率はマイナス11.0%に達している。

2014年末~2016年末間の雇用は、261万3,000人減少して失業者総数は1,234万2,000人に達して、失業者拡大による80億3,800万レアルのサラリー相当が消費市場から噴霧している。

2016年の一般家庭の消費はマイナス4.2%、2015年はマイナス3.9%を記録、全国商業財・サービス・観光・商業連合(CNC)の調査によると、過去2年間で労働手帳に記載される正規労働者を雇用していた21万600店舗の小売店が閉鎖を余儀なくされている。

ショッピング・テナント協会(ALshop)では、ショッピングセンターにテナントを構えていた12万1,600店舗の小売店が閉鎖を余儀なくされており、2015年並びに2016年のサービス部門のGDP伸び率はマイナス2.7%を記録している。

また2016年の鉱工業部門のGDP伸び率はマイナス3.8%、2015年のGDP伸び率はマイナス6.3%を記録しているが、2014年のGDP伸び率はマイナス1.5%とすでに経済リセッションは発生していた。

経済リセッションが発生する前の2013年の新車生産は370万台を記録、しかし2016年の新車生産は2013年比42%減少の220万台に留まって、ブラジルの自動車産業界は、壊滅的な打撃を蒙っていると全国自動車工業会(Anfavea)のアントニオ・メガレ会長は説明している。

ジェツリオ・ヴァルガス財団ブラジル経済研究所(Ibre/FGV)によると、ブラジル経済が回復サイクル入りするのは2018年末になると予想、経済成長サイクルの頂点に達するのは、2021年にずれ込むとIbre/FGVエコノミストのルイス・オゾリオ氏は予想している。

ロシアとの間でクリミア半島帰属問題を抱えて経済危機にあるウクライナの昨年のGDP伸び率は2.0%増加、緊縮財政並びに構造改革を余儀なくされているギリシアでも0.3%増加したにも関わらず、昨年のブラジルのGDP伸び率はマイナス3.6%と2年連続で停滞している。

2016年のブラジルのGDP伸び率は前年比マイナス3.6%、2016年第4四半期のGDP伸び率は前四半期比マイナス0.9%、前記同様に農畜産部門はマイナス6.6%、1.0%増加、鉱工業部門はマイナス3.8%、マイナス0.7%、サービス部門はマイナス2.7%、マイナス0.8%、一般家庭消費はマイナス4.2%、マイナス0.6%、公共支出はマイナス0.6%、0.1%増加、宅投資並びに設備投資、公共投資などの国内総固定資本形成(FBCF)はマイナス10.2%、マイナス1.6%、輸出は1.9%、マイナス1.8%、輸入はマイナス10.3%、3.2%増加となっている。

米国格付け会社Austin Rating社による39か国対象の2016年度 GDP伸び率調査によると、ブラジルは唯一経済破綻の危機が高まっているベネズエラに次いで38位にランク付けされて経済リセッションから抜け出していない。

ブラジルの経済リセッションは、ラヴァ・ジャット作戦汚職問題などの国内の政治経済が要因となっており、経済リセッションからの脱出には、早急な財政再建や年金・恩給改革や労働法改正、税制改革などの着手が避けられないとAustin Rating社チーフエコノミストのアレックス・アゴスティーニ氏は指摘している。

ブラジルの主要貿易相手国である中国の2016年のGDP伸び率は6.7%、米国は1.6%それぞれ増加、しかし昨年のブラジルのGDP伸び率は、世界貿易の停滞に関係なく、国内需要の停滞や内政が要因となってマイナス3.6%に留まっているとブラジル貿易会(AEB)のジョゼ・アウグスト・デ・カストロ会長は指摘している。

ブラジル経済は、今年第1四半期から第2四半期にかけて回復サイクル入りするが、今年のGDP伸び率はゼロに近い伸び率に留まるとゴールドマン・サックス銀行ラテンアメリカ地域担当のアルベルト・ラモス取締役は説明している。

第1四半期のGDP伸び率を0.3%と予想、今年のGDP伸び率は穀物生産が記録更新予想の農畜産部門並びに鉱工業部門が牽引するにも関わらず、僅か0.7%増加に留まるとサンタンデール銀行エコノミストのロドルフォ・マルガット氏は予想している。

今年1月の自動車生産並びに車両通行量増加で製造業部門は回復傾向を示しており、第1四半期のGDP伸び率0.3%増加、今年のGDP伸び率を0.4%増加とジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)エコノミストのジューリオ・メレブ氏は予想している。(2017年3月8日付けエスタード紙/ヴァロール紙)



2017/05/18 » テメル大統領の不正疑惑テープ発覚でブラジル企業株価は10%以上下落
2017/05/17 » 4月の正規雇用は5万9,800人増加
2017/05/16 » 今年第1四半期の経済活動指数は1.12%増加
2017/05/16 » 連邦政府は年金改革法案の国会通過のために農林族議員や市役所の負債軽減
2017/05/15 » 連邦政府は個人所得税の免税幅の2倍拡大を検討
2017/05/12 » 実質金利の大幅低下はGDP伸び率成長サイクル入りか
2017/05/10 » 3月の鉱工業部門生産は前月比マイナス1.8%記録
2017/05/10 » 加速する所得収入格差
2017/05/10 » 滞納税回収計画(Refis)による歳入は毎年186億レアル減少
2017/05/09 » 社会保障院関連減税政策見直は32億レアルの歳入増加
2017/05/05 » 昨年の大企業のエグゼクティヴのサラリーは40%減少
2017/05/04 » 3月の鉱工業生産は前年同月比マイナス1.8%
2017/05/04 » 年金・恩給改革法案は下院特別委員会で承認
2017/05/02 » レパトリアソン法による海外貯蓄資金流入は僅かに17%に留まる
2017/05/02 » 今年第1四半期の失業者総数は1,420万人突破
2017/05/02 » 3月の連邦政府の財政プライマリー収支は110億5,000万レアルの赤字
2017/04/27 » 3月の国庫庁の歳入総額は1,000億レアルを割った
2017/04/27 » 労働法改正案が下院通過
2017/04/27 » 年金改革法案の修正で今後10年間に1,890億レアルの歳出増加
2017/04/26 » 3月の経常収支は過去12年間で最高の14億ドルの黒字計上

バックナンバー »

会議所マップ

会議所所在地

 

【会議所 トピックス】

投資パートナーシップ・プログラム(PPI)説明会(2017年3月6日)資料

Pdf投資パートナーシップ・プログラム(PPI)資料

 

ブラジルインフラ入門&PPIセミナー(2017年2月2日)

PdfFator弁護士事務所のジルセル佐藤弁護士 「ブラジル・インフラビジネス入門&PPI概略」

Pdfジェトロサンパウロ事務所の禮田英一取締役 「ブラジル・インフラビジネスでの海外インフラ機構(JOIN)活用」

ブラジルeSocialシステム説明会のプレゼン資料掲載中(2016年12月7日午後2時から マクソウドホテル)

Pdf「eSocial制度‐目的と課題、現状と今後の計画」

Pdf「eSocial-Objetivo e desafios,situação atial e cronograma do projeto」

Pdf「労働関係における企業の課題とeSociaの果たす役割」

Pdf「O Desafio Empresarial no Cenário Trabalhista e o Papel no eSocial」

 

2016年下期業種別部会長シンポジューム

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(日本語)

ブラジルドローバック制度(輸入品等に対する税制恩典)ついての説明会資料(ポル語)

現代ブラジル事典      絶賛発売中!!

政策対話委員会活動の進捗報告(2015年12月10日 官民合同会議)

120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」

「外交関係樹立120周年記念日伯経済セミナー」に300人が参加して開催

2015年下期の業種別部会長シンポジウムテープおこし記事掲載

第43回技能五輪国際大会開催のご案内

ブラジル投資ガイダンス(最新版・英語)

●梅田大使RS公式訪問

●2015年上期の業種別部会長シンポジウムのテープおこし記事掲載

●インタビュー記事【破綻宣告】 2015/03/18

●ブラジルPPP/コンセッション制度の概要と最新情報についての研究会に80人が参加して開催

 

●ブラジルビザ発給-24時間で-マルコ・ファラニ在日東京新総領事(2012年9月5日)

(麻生元総理との意見交換会)

→ バックナンバー