Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
TPP交渉合意でブラジルの競争力が更に弱体か 2015/10/06

今月5日、世界1位の経済大国米国と3位の日本が主導してオーストラリア、カナダ、メキシコなど12ヵ国が参加する環太平洋経済パートナー協定(TPP)交渉合意で、全世界の国内総生産(GDP)の40%を占める巨大経済ブロックが誕生した。

昨年のブラジルのTPP12か国向け輸出総額は540億ドル、そのうち完成品輸出は310億ドルで完成品輸出全体の35%を占め、輸入総額は600億ドル、そのうち完成品輸入は470億ドルであった。

ブラジルの輸出競争力は低下してきていたが、TPP交渉合意でさらに低下するとブラジル貿易会(AEB)のジョゼ・アウグスト・デ・カストロ(Jose Augusto de Castro)会長は指摘、早急な経済ブロックやFTA交渉などを加速する必要性を訴えている。

また現在のレアル通貨に対するドル高の為替の影響で、今年の貿易収支は130億ドル~140億ドルが見込まれているにも関わらず、輸入減少比率が輸出減少比率を上回っているネガティブな貿易収支の黒字拡大であるとカストロ会長は指摘している。

TPPの最終合意で米国からTPP加盟国向け鶏肉輸出関税は40%減少、大豆は35%減少するために、ブラジルは米国との間で牛肉輸出を含めて価格競争力を失うと憂慮されている。

5日にTPP 12ヵ国は米ジョージア州アトランタで行われた閣僚会議では争点の新薬の特許保護期間などで妥結してTPPに最終合意、創立メンバーは米国と日本、オーストラリア、カナダ、チリ、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、ベトナム、ブルネイなど合計12か国となっている。このTPPは、中国の経済的拡大を牽制しようとする日米間の「新経済同盟」との見方もあるが、米国にとって21世紀のアジア経済圏における中国の影響力の抑制につながると重要な経済ブロック構築となっている。

環太平洋パートナーシップ(TPP)などの新たな経済連携潮流のインパクトの大きさは、単に参加国の地理的・経済的規模だけでなく、物品関税の削減やサービス貿易の自由化に加え、投資ルール並びに政府調達、知的財産、規制・基準の調和など広義の「非関税障壁」でもハイレベルの合意を目指しており、貿易ルールに留まらず国内の規制にも影響を与えると予想されている。

今回の環太平洋経済パートナー協定(TPP)交渉合意で、南米南部共同市場(メルコスール)加盟国のブラジルはヨーロッパ連合国との自由貿易協定締結の再開に向けての舵取りを迫られており、また中国との二国間貿易協定締結など早急な自由貿易協定締結を迫られている。

現在のブラジルから中国向け輸出品目は鉄鉱石や農畜産物などのコモディティ商品が牽引しているが、今後は収益率が高い付加価値品目の輸出に切り替える必要がある。

ブラジルはメキシコと二国間の経済補完協定のもと自動車製品に関する特恵貿易協定など南米における優位な貿易関税などでTPP交渉合意後も米国との貿易ではそれほどダメージを受けないと予想している。(2015年10月6日付けエスタード紙)

 



2021/03/02 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を3.87%に上方修正(2021年3月1日付けヴァロール紙)
2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/04 » 2021年のサンパウロ州のGDP伸び率は5.0%予想(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/02/03 » 2020年の鉱工業部門生産は、COVID-19パンデミックの影響でマイナス4.5%(2021年2月2日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトより抜粋)
2021/02/02 » 今年のGDP伸び率を3.50%に上方修正(2021年2月1日付けヴァロール紙)

バックナンバー »