Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
インフレの政治問題化 2013/05/06

インフレのニュースが、新聞の経済欄から飛び出した。新たに落ち着いた先は、政治欄だ。そのことには、様々な意味がある。

数週間前、インフレはほぼ専門家だけの、そして金融指標の問題だった。ところが人々がしきりに、不安あるいはジョークとして話題にし始めた。例えばトマトのインフレは、2012年の農業コモディティーの値上がりという枠を超えて、話題になった。

メーデーの式典では、インフレに寛大なジルマ政権の対応を非難し、物価の上昇を招き労働者の購買力を低下させていると言い募ったことが、スピーチの中核的なテーマになった感があった。大統領府執務室のジルベルト・カルバーリョ事務局長は、ジウマ政権を弁護する責務があると感じたようだ。彼は、労組指導部を支持するメッセージを寄せる代わりに、ジウマ大統領はインフレ退治に「獅子のごとき意気込み」だとコメントした。だが、それほどできた話でないことは、誰もが知っていた。大統領はこの問題になるとどっちつかずで、不明瞭で混乱した態度に終始する。

ジウマ政権は、これまでのところ、2つの困難に直面している。政府が自らの判断基準に照らして受容できる最低限度の成長軌道に乗せることができずにいること。そして、インフレを、政府自ら設定した目標に収める能力に欠けていること。

大統領はそれこそ数えきれないほど、この2つの問題に同時に対処することができないことを示唆してきた。経済成長に向けた景気浮揚策はインフレを引き起こさせ、インフレへの処方箋は生産活動を抑制する。この状況で、政府は常に、なかなか達成できない「ピボン(大きな成長を達成したGDP)」~政府最大の不満~ の一方、景気を引き上げるべく公的資金を支出することを重視した。

多額の支出を垂れ流すに任せ、経済が支えられる規模を超えて消費を刺激しただけでなく、ジウマ政権は、インフレ退治にはわずかな対策しか施さなかった。政府は、年間4.5%のインフレターゲット達成に向けた対策をほとんど講じることなく、経済生産性の向上を上回って給与が上昇するのを放置し、経済の見通しに対して手を打っていくという中銀の能力も剥奪した。

3月末に南アフリカで開催されたBRICS首脳会議と並行して行われたインタビューで、ジウマ大統領は、神経質な反応に対して本音を漏らす失言を犯した。最初の誤りは、「インフレを退治する政策は経済成長を制限する」ことに同意したことだ。だが、金融市場が発言の意味を物価安定政策の崩壊への危機と理解した後、「インフレ退治は我が政権において重要な意味を持ち、かつ、不断の努力を傾ける課題である」と宣言した。

この事件は最終的に、インフレに立ち向かう獅子という、かつてなかった、そして、恐らくはそうあろうとすら試みたことがない大統領の姿を披露したのだ。5月1日の大統領の声明は、インフレの戦いが「不断、不変、恒久的」だと、言わざるを得なかったように思える。誰か、この単語の羅列に現実的な整合性を指摘できる人はいるだろうか?

インフレの政治問題化は、問題そのもののダイナミックさに従って課題が処理されるということだ。この場合、ジウマ政権は真剣に物価の上昇に取り組むか、あるいは、そのダイナミックな動きに飲み込まれて流されてしまうかだ。(2013年5月3日付けエスタード紙 セルソ・ミンギ)



2021/03/08 » 今年1月の鉱工業部門生産は、前月比0.4%増加(2021年3月5日付けブラジル地理統計院サイトより抜粋)
2021/03/05 » 昨年のサンパウロ州のGDP伸び率は0.4%増加(2021年3月4日付けヴァロール紙)
2021/03/04 » 2020年のGDP伸び率は、マイナス4.1%で過去3番目の最悪記録(2021年3月3日付けエスタード紙)
2021/03/02 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を3.87%に上方修正(2021年3月1日付けヴァロール紙)
2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)

バックナンバー »