Câmara do Japão
Português
検索: OK
(515)

指標・政策

検索期間を指定してください: OK
(論評)かすんだ未来 2013/04/28

スエリー・カルダス

対外収支が2013年第1四半期、249億ドルという大赤字を計上したことで、市場に驚きと懸念が広がった。しかも、この金額そのもの以上に、急速な赤字の増大には驚くべきものがある。保有する外貨準備高が3,770億ドル規模の国では、この経常収支赤字は、予測可能かつ、一時的なもので短期的に改善が見込まれるので、リスクとは言えない。だが、そうした意見はブラジルのケースに当てはまらないように思える。貿易収支と外資企業が国外に支払う投資収益に関連する国際所得支出の赤字は多額で、かつ拡大傾向にあり、先進諸国の経済危機がいよいよトンネルを抜けようというこの時期にあって絶望的なまでに急速に悪化している。経常収支赤字では、その動向が重要だ。すなわち、赤字が拡大していると認められる場合は、リスクが重大な問題に発展し、外貨準備高が切り崩されるものとして、警戒すべきなのだ。

外国直接投資(FDI)は過去10年、経常収支赤字を上回る金額を計上し、その赤字を補塡してきた。その結果、ブラジルの国際収支はこの10年にわたり、いずれの年も黒字だった。FDIは、その国に残って生産部門への投資として投下される良性の現金であり、そのため、経済の健全性を保つ働きがある。安易な利益をかぎまわりすぐに資金を引き揚げるような、金融アプリケーションに対する日和見主義的な投資とは異なる。投資収支は2013年第1四半期、133億ドルの黒字で好転も悪化もしなかったのだが、国内総生産(GDP)に対して4.31%に相当する249億ドルという記録的な経常収支赤字を補填するには不足した格好だ。そこで中銀は近々、経常収支赤字を670億ドル、FDIを650億ドルとする2013年末の見通しを修正する必要に迫られることになる。その試算はすでに、経常収支赤字が700億ドル、FDIが580億ドルという水準に達している。

FDI同様に貿易収支も、同じく10年にわたり、国際収支の黒字化に貢献してきた。だが2012年以降、燃料輸入の急伸と、市場の縮小と価格の下落により輸出も不振が続く。財団法人貿易研究センター(Funcex)によると、価格の下落は輸出の60%に及び、輸出量の落ち込みは6.8%に達した。この輸出の落ち込みの原因の一部は、経済危機だ。だが、それだけではない。巨額の大豆輸出契約が2件、本船渡しの遅れを理由にキャンセルされた。というのもその大豆は、インフラの不備からパラナグアー港(パラナ州)に向かう高速道路わきにできたトラックの長蛇の列に釘づけにされていたのだ。しかも、港も飽和し、ばら積み船も数週間にわたって接岸できずに沖合で停泊を強いられた。インフラ・サービスに対する投資不足から、輸出は支障を来し、輸出を縮小させるだけでなく、製品の競争力を奪い、そして我が国が獲得する外貨も減少する。

輸入に関しても政府は初歩的なミスを犯した。自動車の製造にインセンティブを与え、2012年に新車販売台数が7%拡大した。だが政府は、これがもたらす結果について考慮していなかった。その結果、燃料消費が急増し、ペトロブラスは輸入が3倍に拡大(ルーラ前大統領が大々的に祝った石油の自給自足はどうなったのだろうか?)、貿易収支にネガティブな影響を与えた。ところがそのミスは、いっそう深刻だ。つまりインフレが再び忍び寄ってきたことで、政府は、長期にわたって燃料価格を凍結、ペトロブラスは新規の製油所を建設し輸出を回避する資金も不足した。ミスは更に重なる。燃料輸入に対する支出が3倍にもなったことで、政府は、この問題を解決する代わりに先送りする判断を下した。つまり、ペトロブラスに対して燃料輸入額を登録するのに、50日間の猶予を与えたのだ。その結果、2012年に貿易収支は194億ドルの黒字を計上したが、2012年に計上されるべき45億ドルの輸入が、2013年の勘定に飛ばされた。これを清算する時が到来し、その結果、2013年4月第3週までに65億ドルの貿易収支赤字につながった。

中銀によると、貿易収支赤字は経常収支赤字の60%を占め、国際所得支出の拡大は27%を超えた。経済危機に直面しているために、外国企業は今後も本国の本社への送金を続けるだろう。ペトロブラスも大規模な輸入を継続する。高速道路も港湾も早急に改善されることはない。

さて、この経常収支の赤字の今後はどうなるだろうか?(2013年4月28日付けエスタード紙)

スエリー・カルダス ジャーナリスト、リオデジャネイロ・カトリック大学(PUC-RIO)教授



2021/02/26 » 今年1月の中央政府の財政プライマリー収支は、11ヶ月ぶりに黒字計上(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦国税庁の歳入総額は1,800億レアル(2021年2月25日付けエスタード紙)
2021/02/26 » 今年1月の連邦政府の債務残高は、0.99%増加の5兆590億レアル(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 今年1月の経常収支は73億ドルの赤字計上(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/25 » 2月の一般消費者の景況感は4ヶ月ぶりに上昇に転じる(2021年2月24日付けヴァロール紙)
2021/02/23 » ボルソナロ大統領のペトロブラス総裁人事介入で株価暴落(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/22 » フォーカスレポートは今年のGDP伸び率を3週連続で下方修正(2021年2月22日付けヴァロール紙)
2021/02/19 » 年金受給者向け13か月目サラリーや低所得者向けサラリーボーナスの前倒し支給による570億レアル注入で経済活性化(2021年2月19日付けエスタード紙)
2021/02/18 » 最終フォーカスレポートは今年のインフレ指数を6週連続で上方修正(2021年2月17日付けエスタード紙)
2021/02/17 » 今年初め40日間のB3のIPOやfollow-onsによる資金調達は、前年同期比21%増加(2021年2月16日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 連邦政府はコワーキング形態労働導入などで、年間5億レアルの賃貸料削減(2021年2月15日付けエスタード紙)
2021/02/15 » 全国工業連盟(CNI)の経済成長を促す25項目のブラジルコスト削減を提案(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 昨年の経済活動指数(IBC-Br)は、マイナス4.05%を記録(2021年2月12日付けヴァロール紙)
2021/02/12 » 正規雇用に結びつく臨時雇用形態が増加傾向(2021年2月11日付けエスタード紙)
2021/02/10 » 2020年の鉱工業部門生産は調査対象15地域中12地域でマイナスを記録(2021年2月9日付けヴァロール紙)
2021/02/08 » 今年のGDP伸び率を3.47%に下方修正(2021年2月8日付けヴァロール紙)
2021/02/04 » 2021年のサンパウロ州のGDP伸び率は5.0%予想(2021年2月3日付けヴァロール紙)
2021/02/03 » 2020年の鉱工業部門生産は、COVID-19パンデミックの影響でマイナス4.5%(2021年2月2日付けブラジル地理統計院(IBGE)サイトより抜粋)
2021/02/02 » 今年のGDP伸び率を3.50%に上方修正(2021年2月1日付けヴァロール紙)
2021/02/02 » 今年1月の企業経営者の景況感指数は過去9か月間で最低(2021年2月1日付けヴァロール紙)

バックナンバー »